八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

日記・コラム・つぶやき

整体セカンドヘッダー画像

日記・コラム・つぶやき

エアコンクリーニング

 

flower94.jpg

今年は開業して初めて、業者さんにエアコンのクリーニングを頼みました。

 

これまではエアコンを使わないゴールデンウィークに、家から脚立を持ってきて自分で掃除していたのですが、フィルター掃除までが限界。

冷房起動時だけ変な臭いがするので、臭いの根源らしきところに無理やりブラシを入れて掃除してみたのですが、柔らかいアルミ板を折り曲げただけで、結局掃除は不可能。

市販のスプレーで掃除すると故障すると聞いたことがあったので、やっぱりプロに頼むことにしました。


日曜日にはるばる東金からアシスタントの方と二人で来ていただき、しかも梅雨前のキャンペーンで安くしてもらいました。


部品の解体をしながらクリーニング屋さんが、フィルター掃除が面倒でなければ「おそうじ機能」がついて無いエアコンを買った方が良いと教えてくれました。

「おそうじ機能」の取り外し・取り付けの手間が高くつくようです。

しかもこの部分は埃をはらうだけで水洗いは出来ないとのこと。

でも今どきのエアコンって、ほとんど「おそうじ機能」ついてるんじゃないかな。

まあ、次に買うことがあったら参考にしたいと思います。


そしていよいよビニールでくるみこんでエアコンに洗剤を吹付けました。

エアコンからしたたる汚れた洗剤がビニール管を通ってバケツに落ちていきます。

バケツの中の洗剤は既に黒いのですが、

「これから水で落とすともっと黒い水が出てきますよ!」

と業者さん、なんだか嬉しそう。


しばらくしてすすぎの水を一気に吹き付けると、開け放った玄関から外を歩いている人が興味深そうに店の中を覗き込んで立ち止まっています。

通行人の方も汚い水が見たいようです。

どれだけ汚れているんだろうと流れ出る水を見てみると、あれっ?・・・案外きれい。

「真っ黒い水が出てくるんじゃなかったっけ?」

いくら待てども黒い水が出て来ず、私と業者さんはちょっと拍子抜けして沈黙。

そんなに汚れてなかったんだ、ということで良かったです!


作業が終わり、冷房をつけてみると全然イヤな匂いがしません。

本当に予定通りの時間にやって来て、予定通りに終りました。

これもプロのなせるワザでしょう。


カビは冷房の後に生えるので、電源を切ったら内部クリーン(送風→暖房→送風)をするようにアドバイスしてもらいました。

これで今年は安心して冷房が使えます。

ありがとうございました。



八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

 

日時:2018年5月29日 PM 07:02
気分転換に映画観賞

 

flower93.jpg

仕事を終えて幕張まで映画を観に行きました。

車ならば八千代台から真っ直ぐ一本で行けるのですが、遠回りして電車とバスで行きました。

 

幕張本郷からはバスが頻繁に出ています。

しかもバス2台分を連結している大型バス(タイヤは6本)。

身近でこんな珍しいバスに乗れるのがちょっと嬉しいんです。

輸送力が大きいうえに、私は始発~終点(?)利用なのでぼぼ座れます。

たしかシートに「Mercedes-benz」と表記されていた気がしますが、お尻の具合はやや硬め。

マリンズの選手による車内アナウンスも聞けます。

このバスの見どころは交差点の右左折。

この長さのバスでどのぐらい鼻先を突き出してからハンドルを切るのか、一発で曲がれる(当たり前ですが)運転手さんの腕にいつも感心しています。

幕張新都心へ通勤される方々は毎日の様子で見慣れているかもしれませんが、年に数回しか乗ることのない私には結構楽しいのです。


海浜幕張駅に到着し、バスを降りると海の生暖かい匂い。

開演までまだ10分あるので、八千代台ではお見かけしない映画館の美味しいスイーツとドリンクを購入し小腹を満たしました。


映画を観終え、すでに行きのバスで気分転換されてましたが、このまま映画の余韻がなるべく覚めずにいてくれたらと願いつつ、また連結バスに揺られて帰るのでした。

少しはリフレッシュできたかな。



八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

日時:2018年5月22日 PM 07:07
お別れの季節

 

yachiyo1.jpg

4月から新しい環境で生活する患者様が八千代台最後の施術に来院されています。

関西方面に引っ越される方々ばかりで、皆さんアトラス・オーソゴナルの治療院が無いか、私に尋ねておられました。


息子さんと二人で通ってくださったYさん(70代・女性)は、やはり息子さんの転勤で八千代に来られたのですが、1年経ってやっと街に慣れたところでまた転勤。


ずっとマンションに一人引きこもっていたYさんが、八千代台で偶然Yさんと同じ福島が故郷のお友達と出会い、動悸・めまいも治り、みるみる明るく元気になったというのに残念です。

おっとりとして、泣いてた赤ちゃんもYさんの顔を見ると泣き止んでしまう、お地蔵様のようなお母さんでした。

福島訛りや、Yさんがゆっくりと帰っていく後ろ姿がかわいくて、私の方がほっこりと癒されていました。


「先生、今までアリガトね」

と、Yさんがハンカチを目にあてられた時、私までグッときてしまいましたが、次の患者様が部屋に入って来てくれたおかげで涙を抑えることが出来ました。

 

「私、年寄り好きだから、年寄り見つけて仲良くするの」

と、人見知りだったYさんが、八千代で暮らして少したくましくなったようでした。

とはいうものの、おっとりしているYさんが関西のスピード文化に入っていけるか心配です。


しかしYさんは、いつの間にかお友達もたくさん出来たし、お孫さんも国立受かったし、身体も健康に向かっているし、よく考えてみると心配していたことが全部うまく運んでいるのです。


「自分は運がいいんだ!」

と思っていれば、関西でもきっと大丈夫。


お元気でね、Yさん。

今までどうもありがとうございました。

 

** 写真は今朝の八千代台 **

桜は今が満開です。

ポップアップすると穏やかな晴天の上空に、ヘリから落ちていくパラシュート部隊を6つ発見。

 

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

日時:2018年3月28日 PM 06:43
4年ぶりの雪
IMG_1249.jpg

6時半に予約の患者様が

「今日、いいんですか?」

と、来院されました。

外を見るといつの間にかうっすらとアスファルトが白くなっていました。


患者様はスタットレスで来られたので、私の帰りの足を心配してくれたのです。

このぐらいの雪なら京成は走る!と京成電鉄には妙な信頼があるので、気にせずいつも通り営業。


施術を終え患者様が帰られると、大通りには人が一人もいません。

いつもは会社帰りのOLさんやサラリーマンがこの通りを歩いているのにとても静か。

電車が来ていないってこと?と、このとき初めて不安が襲ってきました。


掃除もせずに急いで帰り支度。

しかし駅に着くと、電車は少し待っただけてきちんと来てくれました。さすが京成!

と、ここまでは良かったのですが、自宅の駅で降りると停留所には長蛇の列。

バスには乗り切れず、久しぶりに歩いて帰ることにしました。


もう長靴がミシミシいうほど雪が積もっています。

夜なのに明るくていつもと違う風景。

結構きれいな街じゃない、と感心したりして、ほっぺ真っ赤にして、耳がちぎれそうになりながら、もくもくと歩くこと30分。

翌日も歩いて通勤し、治療院の前を雪かきしました。

ご近所さんと

「大変ですねぇ」

などと言いつつも、お互い顔が少しほころんでいるのは、やっぱり雪の珍しさからですかね。

それでも今年はもうこれ1回で、雪は最後と願いたいです。

日時:2018年1月24日 PM 01:57
防災訓練

 

bousai.jpg

今年も村の防災訓練が行われました。

去年と同じことを反復するのかな、と思いきや全く新しい訓練でした。

 


まず午前9時に家を出て、集会所までかかった時間を計測します。

村人たちはいっせいに同じ時間に家を出ました。私はちょっと支度に手間取って、2分ぐらい遅れましたが。

道中所々で、まだ顔を知らない村の人と出会い、同じ方向へと歩いて行きます。

集会所に到着すると受付に行き、計測時間を報告し記録します。

私は9時11分到着。


ほぼ全世帯が揃ったところで次は応急手当の方法。

段ボールや板で骨折した腕を添え木し、布を三角に折って固定します。

布の長さが足りないときはビニル紐で継ぎ足し、結ぶと良いそうです。

この処置で事後骨の修復が断然早まるとのこと。

やり方を忘れそうなので、消防員の方の見本を写真に撮らせてもらいました。


次はおむすび作りです。

大きなお釜で一斗のお米を炊き上げました。一斗って100合です。

炊きあがったお米をかきまぜると、底の方のおこげがめくれあがって美味しそう。

おむすびはビニル袋にご飯を入れて丸めたり、握ったり。

この方法はラップよりも簡単に、ふんわりとしたおむすびが作れます。良い方法を見つけました。

塩、醤油が用意されていましたが、何もつけずにお米の味を味わってみました。美味しい。

余ったご飯で作ったおむすび2つお土産に頂き、顔見知りの方々とおしゃべりして帰り道はにぎやか。


役員の皆さん、ご飯炊きと片付け、ありがとうございます。

お米を提供してくださったMさん、ありがとうございました。

災害は怖いけど楽しい訓練でした。

 

日時:2017年11月27日 PM 05:14
松の間引き

 

matsu3.jpg

吹く風のうすら寒い季節となりました。

そろそろ垣根や植木の手入れをする時期です。

 

父が毎年やってくれるのですが、高齢のためそろそろ私に継いでもらおうと

「あの松1本やってみろ」

と、奥の人目につかない、やや小さめの松を任されました。


まずは身支度。

松葉が刺さるので帽子

マスク

松脂がつくので長袖シャツ

滑り止めのついた手袋


目以外の全てを覆って、いざ出陣。


コレ↓を 

 

 

matsu1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうする↓

 

 

matsu2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一か所に3つ束がある場合は、一番短い葉の束を残し、後の2つは切り落とすとのこと。


初めはどれを落とすかじっくり考えてやっていましたが、だんだん剪定鋏の「パチッパチッ」という音が小気味良くなり、いつのまにかテンポ良くバシバシ切り落としていました。

切りすぎたかなと思い、父のお手本の松を見ると、だいぶすっきりしてて、まだまだ落としてもいい感じ。


この日は1時間程度で切り上げ2日目。

見本を見ているうちにちょっと応用が効いてきて、
「ここから枝が伸びたらカッコ良くなるんじゃない?」

と枝ぶりの未来図を想像して、残す松葉を選ぶように。

 

今や休日の楽しみとなってしまった松の間引き。

しかし用事が出来てしまい手がつかず、結局父が全部仕上げてしまいました。

かなりスカスカにしたつもりでしたが、父の仕上げはもっと涼しそうで形も良い。


毎年やって、いつか見事な松を成形できるようになりたいです。


 

八千代市の首こり、腰痛、足の痛みは八千代台カイロプラクティック整体院


日時:2017年11月17日 PM 12:22
病院近くの喫茶店

 

viat.jpg

薬をもらうため、母を定期的に病院に連れて行っています。

少し遠方の病院なのですが、ひそかに楽しみにしていることがあります。

それは病院近くの喫茶店です。

大通りから一本入った小道の、住宅街の奥にポツンと黒板が立っていて、この黒板が無かったら見過ごしていたでしょう。

あまり人気の無いこんな片隅でお店を開いているところが何となく気に入って、1時間はかかる母の診察を待つ間、コーヒーで時間をつぶそうと入ってみたのが最初です。

今時の洒落込んだカフェとは違い、さほど期待していなかったのですが、入ってみると小さな店の奥にはピカピカに磨かれた大きな焙煎機がガラス張りの一角に鎮座しています。

「ここで焙煎してるんだ」

と感心し、その珈琲をいただけることに期待が高まりました。

テーブルも床も掃除が行き届いて光っています。

窓際のテーブルに座り、5品目ぐらいしかないメニューからホットを頼み、キリッとしたマスターと、一人しかいない客である私と、静かに1時間の時を過ごしました。

お日様がキラキラ反射した焙煎機も、両開きの窓から入り込む風に気持ち良さそうです。

 

2回目に訪れた時、黒板に目をやると何やら美味しい豆が入荷したとのこと。

「これは買わなきゃ!」

と、この日はお土産も楽しみです。

最初来たときは、お互い余計なことは一言も話さず沈黙の1時間でしたが、今回は豆も頼んだことでマスターと少し珈琲談義ができました。

コーヒーを飲み終えて、お土産に手渡された豆を見てみると、煎ったにもかかわらず大粒でサイズが揃っています。

そういえば庭先でマスターがザルいっぱいの豆をハンドピッキングしていました。

「焙煎して1日経った方がマイルドですよ」

とのこと。


お店の神経の向け方と、スローコーヒーがとても気に入りました。

次回も病院に母を連れて行くのが楽しみです。

 

八千代市の首こり、腰痛、足の痛みは八千代台カイロプラクティック整体院


日時:2017年10月 7日 PM 01:48
初めてのペンキ塗り

 

flower85.JPG

先日、物置屋根のペンキを塗りました。

最近は女性がDIYを楽しんでいるようですが、私の場合はやらざるを得ずといったところで、道具とペンキを買うとこから初めてです。

今後のために、今のうちに父から指導してもらうのです。

 


ペンキは水で薄めるタイプが主流かと思いきや、ホームセンターのお兄さんから油性の方が耐久性が良いとのアドバイスを受け、うすめ液も一緒に購入。

うすめ液といえば以前、店舗前で道路工事中の作業員の方が、店舗の玄関タイルにコールタールで作業靴の足跡をつけてしまい、このうすめ液で落としたことを覚えています。コールタールすら落とせるんだ、と感心したうすめ液。

 

 他にローラー、刷毛、足裏に滑り止めのついた5本指靴下を買い、ボロ服に日除け帽子とマスク、ピタリとしたゴム手袋をつけて(この上に軍手もはめた方がペンキとくっつかなくて良かったかも)、いざ出陣。

屋根のさびや汚れをワイヤーブラシで落とし、埃を掃除してから塗ります。掃除の方が塗るよりも大変。


父曰く、ペンキは上から下に垂れてくるので高い所から先に塗り、次に下の段へと移る、上段と下段の隙間も刷毛を押し込んで塗る、はしごまでの通路となる所は最後に塗る、とのこと。

以上に気を付け、サッサッと塗っていきます。塗るのは簡単、ただ腰が痛い。


珍しく父に怒られることもなく、ペンキ塗りは無事終了いたしました。

仕事の後の冷えた甘酒が美味しかった!

準備7割、塗る3割。5年後も、段取り忘れず出来るよう、このブログに書いておこうと思いました。

 

首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

日時:2017年5月25日 PM 05:29
ピンクのドレッシング

 

ビーツ.jpg

患者様にご紹介されて「うてな茶房」さんに行ってきました。

肉・魚・卵・乳を使わないベジタリアン料理とオーガニックドリンクを提供するお店だそうです。

 

 

肉・魚を使わずに勝負するだけあって、オーナーさんは野菜メニューコンテストで2冠取っておられるスゴ腕です。

お店に入ると「グレーテルのかまど」のような小さな店内に、穏やかな雰囲気の女性が迎えてくれました。


普段パスタを食べる機会が無い私はトマトスパゲッティとオーガニックコーヒーをオーダーしました。

最初にサラダが出てきたのですが、鮮やかなショッキングピンクのドレッシングがかかっており、どうやって手作りしたのか不思議。

後できいてみると答えは「ビーツ」というお野菜。

カブの形をしていて断面も全部ピンク。「食べる輸血」だそうです。

うちの庭でも作ってみたいと思いましたが、土壌の成分を全て吸い上げるので土に気を付けるよう教えていただきました。


次に運ばれてきたのがパスタ。

トマト風味なのでだいたい味の想像がつくのですが、このソースはちょっと不明。

ローズマリーのような何か変わった香辛料が使われていて美味しい。

パスタにトッピングされている野菜で私が知っているのはレンコンだけでした。

外側が黄緑で中はピンクの大根や親指サイズのニンジンは甘い。

こういうおしゃれで身体に安全な野菜は女性が好きです。八千代台で意識の高いランチを頂きました。


お店で写真を撮る勇気がないので写真はありませんが、お料理はHPで拝見してみてください。

腹持ちも良かったです!ご馳走様でした。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

日時:2017年2月25日 PM 01:12
yokoyamaに立ち寄って

 

cake.JPG

大久保の「yokoyama」に、遅ればせながら初めて行ってきました。


 

かつてTVチャンピオンで何度も優勝したという、船橋・習志野エリアでは有名なお店。

患者様から何度か焼き菓子を頂いたことがありますが、どの方からも猛烈な混みようだったと聞いており、会計まで30分かかったとか、人気の「岩シュークリーム」は午前で売り切れるとか、噂を聞くだけで尻込みしていました。

店に辿り着くと、店舗前に広く取られた駐車場は満車で、第二駐車場にも車が入っており、警備員まで出動しています。

中に入れるのかまで心配になってきましたが、可愛らしい店舗のドアを開けると予想通りの人ごみ。パティシエやスタッフが20人くらいいたと思いますが、皆忙しそうです。

ゆっくりとケーキを選んでいる余裕などないことをすぐに察し、ズンズン突き進んで一通り商品を見渡し、一発オーダーを決めました。

TVチャンピオンだというのに、ほとんどのケーキが500円以内の良心的なお値段。

ロールケーキやクッキーまでついつい買ってしまいましたが、メレンゲのような口どけのモンブランはとても気に入りました。

千葉の美味しいお店をひとつ制覇できました。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

日時:2017年1月25日 PM 04:09
1  2  3  4  5

ページの上部へ