八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

日記・コラム・つぶやき

整体セカンドヘッダー画像

日記・コラム・つぶやき

塩害からの3連休
aIMG_2579.jpg

金曜日は京成が止まって大変でしたね。

 

この日は夕方からレントゲンのため船堀に行く予定でした。

ネットで不通と知り、確認しに駅を見に行くと、エスカレーターは止まってただの階段となり、改札はテープが張られ構内は電気が消えています。

駅まで止まってしまったこの不穏な状況は、電車を走らせようという気力が全く無いことを悟りました。


翌日の学術大会でお会いする船堀の先生方からレントゲンを受け取ることにし、明日のため徒歩で帰宅することに。

小雨の中、296を歩いていると渋滞がずっと続き、車より私の方が速いのです。

バスを利用することも考えましたがこの状況を見て、全く進まなかったであろう満員バスの疲労を思うと、徒歩を選んで良かったと思いました。

ちょうど外反母子が痛くなる頃に駐車場に到着。ここからは田舎道なので混むこともなく車で帰れます。

時間にして1時間半かかりました。

 

翌日は京成が復旧し会場でレントゲンを無事受け取ると、大会を終えてから治療院に戻り線引きを済ませ、やっと帰ることができました。

滅多に歩かないので前日の疲労が心配でしたが、レントゲンの線引き中は交感神経がビンビンに働き、疲れを感じません。

線引きを終えて一安心するも、明日は朝から村の往来整備が待ってます。台風で倒れそうな木々を伐採するのです。

早く休まなければ、と静かな夜道を急いで帰りました。

 

そして翌日、往来伐りです!

村の人々が集まり、木々の枝を切り落とし、軽トラで運んで片付けるのです。

なぜか体力があると思われた私は、一番大変な軽トラの運搬係となってしまいました。

皆んなが切った木を荷台に載せて、運んで、降ろす。

乾いていない生の木は重いのです。

ふだん農業をしているおじさんと一緒に軽トラに乗り込み、二人で頑張りました。

おじさんから枝の広がった竹を下にして、重い木を蓋のようにかぶせて積むよう教えられ、そうすると車が走っても山積みの荷台から木が落ちないのです。

さすがふだん農家やってる人はよく知っている!

一連の作業を終えて汗まみれのクタクタになり、農家の仕事って知力と体力の両方が多大に必要だと感じました。

農家の仕事がこなせれば、他の仕事はさほど苦にならないんじゃないかと思います。

 

この作業で身体を使ったせいか、徒歩で帰った筋肉痛がまだ来ません。それとも年のせいでだいぶ遅れてくるのかな。

クタクタに疲れましたがこれで終わりじゃありません。

さあ明日は、我が家の垣根を剪定します。

まだまだ力仕事は続きます・・・。


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

日時:2018年10月10日 PM 04:57
盆踊りと花火

 

hanabi.png

今年はお盆休み早々、村の盆踊り会場の整備に朝から出かけました。

私は櫓を建てる場所を整えるため、おじさん達が機械で刈った草を熊手や竹箒で集める作業です。

 

朝とはいえ1時間もすると、着ていた服は上から下まで汗でビジョビジョ。

一通り草刈りが終わり麦茶を飲んで休んでいると、どこから出てきたのか広場中央に木材がたくさん積まれ、ドライバーの音とともに櫓が組み立てられていきました。

ここからは男性の仕事。女性たちは邪魔にならないよう家に帰って行きました。

午後には櫓が出来上がっているはずです。


そして盆踊り当日。

仕事でスタートには間に合いませんが、私は9時からの花火が楽しみなので、お花(御祝)を持って急いで会場に向かいました。

会場に着くとまだ花火は上がっていない様子。

駐車場に車を停め、指導員のおじさんに花火はどこで打ち上げるのか聞きました。

どうやらこの駐車場の奥の畑のようです。

「受付にお花を持って行ったら、またすぐ来まーす!」

と駆け出し、受付でお花を渡すと賑やかな会場から、すぐさま真っ暗な駐車場に戻ってきました。

私は踊りよりも花火なのです。

なにしろ人混みの無い小さな村の花火なら、打ち上げてるそばから観ることが出来ます。

駐車場には指導員のおじさん3人と私だけです。なんて贅沢なんでしょう。


そして花火が私を待っていてくれたのか、というぐらいのグッドタイミングで会場の方から

「それでは花火を打ち上げまーす!」

と、アナウンスが聞こえてきました。

このアナウンスを合図に私達から50mぐらい先の花火師さんが着火を始めました。

本当はもっと近くに行きたかったのですが、花火師さんに離れるよう注意され、車の停めてある場所まで戻ったのです。

それでも着火の様子を見るのは初めて。ワクワクします。

火がついて数秒間が有り、

「ヒュルヒュルヒュル~・・・・」

「ドーーーン!」

と、音を立てて花火が開花。


「キレイ~!」

「花火を真下から見るなんて初めて!」

「そうだなー」

と、おじさん達と盛り上がり、ひとつひとつ上がるごと歓声をあげました。

特に大きい花火は視界の端から端まで金色の花びらでいっぱいになり、いつまでも余韻を残して落ちていきます。

「まだ消えてないよー」

と、おじさん。

この花火が一番きれいでした。


そして10数発上がって終了。

村の小さな盆踊りなので数は少なめ、見るのに夢中で写真は撮れませんでした。

特等席で見れたので今年はこれで満足です。

「ご苦労様でしたー!」

と、花火師さんに声をかけ帰りました。


花火が終わった瞬間から、

「ああ、これで私の夏は終わったのね」

と、この夏の「ひとつの賭け」に敗れた終了も思い起こし、寂しい気持ちになりました。

八千代はまだ今週末に大きな花火大会があります。

私は毎年仕事で観ることはできませんが、皆さまは大きな花火を観て残り少ない夏をお楽しみくださいね。

*写真は去年、盆踊り会場で撮ったもの。

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

日時:2018年8月21日 PM 07:20
ホットフラッシュが治った理由

 

flower96.jpg

以前、顎関節の痛みで来院されたNさん(50代・女性)がお土産を持って遊びに来られました。

ネパールに行かれ、こんがり日焼けされていました。

 

奉仕の仕事がしたいとネパールに留学しているお嬢さんのおうちに2週間滞在されたそうです。

気温は常に30℃以上。部屋はエアコンが無く、天井のシーリングファンだけです。

Nさんが汗を拭いていると、汗を拭かない方が気化熱で体温が下がるとお嬢さんに教えられました。

周りの人々は皆んな汗を拭かず、まつげからも汗をしたたらせてそのままでいるそうです。


街を歩いているとストリートチルドレンが赤ちゃんを抱っこして近寄ってきます。

可哀そうだからといってお金をあげると、我も我もと大勢が群がってくるので、ガイドさんからお金をあげないように忠告されました。

同情を引くために、赤ちゃんに薬や麻薬を注射してわざとぐったりさせる親もいるそうです。

そんな貧しい一面のあるネパール。

歯磨きすらできない水を現地の人たちは飲んでいるのです。

Nさんは暑さでぬるくなったペットボトルの水を捨ててしまった自分を物凄く恥じたそうです。

十分に物が無いにもかかわらずNさんのために有るものを喜んで差し出してくれる現地の方の優しさや、有るものを工夫して生活できるように大事に使う賢さなど、Nさんはその時感じたことを目を輝かせて話してくれました。

 

信仰熱心なNさんは釈迦生誕の地ルンビニやブッタの目で有名なチベット仏教塔なども訪問され、聖書と仏教の教えを照合されたそうです。

 

ふとNさんが更年期のホットフラッシュに悩まされていたことを思い出し、

「ネパールに行ったら、ホットフラッシュ治ったんじゃないですか?」

とお聞きしてみると

「そうなんです!もうすっかり元気になりました!」

と、Nさん。

 

物が豊かになると他者との比較に目が行き、良く見せようとする生き難さに苦しみがちです。

今与えられているものにありがたみを感じ、皆仲良く助け合って暮らしているネパールの人々を見て、足ることを知らない心が病気を招いていたのかもしれないと、Nさんは話してくれました。

カイロプラクティックを生業としている私が言うのは変ですが、楽になるものの考え方を悟った瞬間から病気って治る気がします。

「病は気から」なのですね。

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

 

日時:2018年7月21日 PM 03:28
エアコンクリーニング

 

flower94.jpg

今年は開業して初めて、業者さんにエアコンのクリーニングを頼みました。

 

これまではエアコンを使わないゴールデンウィークに、家から脚立を持ってきて自分で掃除していたのですが、フィルター掃除までが限界。

冷房起動時だけ変な臭いがするので、臭いの根源らしきところに無理やりブラシを入れて掃除してみたのですが、柔らかいアルミ板を折り曲げただけで、結局掃除は不可能。

市販のスプレーで掃除すると故障すると聞いたことがあったので、やっぱりプロに頼むことにしました。


日曜日にはるばる東金からアシスタントの方と二人で来ていただき、しかも梅雨前のキャンペーンで安くしてもらいました。


部品の解体をしながらクリーニング屋さんが、フィルター掃除が面倒でなければ「おそうじ機能」がついて無いエアコンを買った方が良いと教えてくれました。

「おそうじ機能」の取り外し・取り付けの手間が高くつくようです。

しかもこの部分は埃をはらうだけで水洗いは出来ないとのこと。

でも今どきのエアコンって、ほとんど「おそうじ機能」ついてるんじゃないかな。

まあ、次に買うことがあったら参考にしたいと思います。


そしていよいよビニールでくるみこんでエアコンに洗剤を吹付けました。

エアコンからしたたる汚れた洗剤がビニール管を通ってバケツに落ちていきます。

バケツの中の洗剤は既に黒いのですが、

「これから水で落とすともっと黒い水が出てきますよ!」

と業者さん、なんだか嬉しそう。


しばらくしてすすぎの水を一気に吹き付けると、開け放った玄関から外を歩いている人が興味深そうに店の中を覗き込んで立ち止まっています。

通行人の方も汚い水が見たいようです。

どれだけ汚れているんだろうと流れ出る水を見てみると、あれっ?・・・案外きれい。

「真っ黒い水が出てくるんじゃなかったっけ?」

いくら待てども黒い水が出て来ず、私と業者さんはちょっと拍子抜けして沈黙。

そんなに汚れてなかったんだ、ということで良かったです!


作業が終わり、冷房をつけてみると全然イヤな匂いがしません。

本当に予定通りの時間にやって来て、予定通りに終りました。

これもプロのなせるワザでしょう。


カビは冷房の後に生えるので、電源を切ったら内部クリーン(送風→暖房→送風)をするようにアドバイスしてもらいました。

これで今年は安心して冷房が使えます。

ありがとうございました。



八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

 

日時:2018年5月29日 PM 07:02
気分転換に映画観賞

 

flower93.jpg

仕事を終えて幕張まで映画を観に行きました。

車ならば八千代台から真っ直ぐ一本で行けるのですが、遠回りして電車とバスで行きました。

 

幕張本郷からはバスが頻繁に出ています。

しかもバス2台分を連結している大型バス(タイヤは6本)。

身近でこんな珍しいバスに乗れるのがちょっと嬉しいんです。

輸送力が大きいうえに、私は始発~終点(?)利用なのでぼぼ座れます。

たしかシートに「Mercedes-benz」と表記されていた気がしますが、お尻の具合はやや硬め。

マリンズの選手による車内アナウンスも聞けます。

このバスの見どころは交差点の右左折。

この長さのバスでどのぐらい鼻先を突き出してからハンドルを切るのか、一発で曲がれる(当たり前ですが)運転手さんの腕にいつも感心しています。

幕張新都心へ通勤される方々は毎日の様子で見慣れているかもしれませんが、年に数回しか乗ることのない私には結構楽しいのです。


海浜幕張駅に到着し、バスを降りると海の生暖かい匂い。

開演までまだ10分あるので、八千代台ではお見かけしない映画館の美味しいスイーツとドリンクを購入し小腹を満たしました。


映画を観終え、すでに行きのバスで気分転換されてましたが、このまま映画の余韻がなるべく覚めずにいてくれたらと願いつつ、また連結バスに揺られて帰るのでした。

少しはリフレッシュできたかな。



八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

日時:2018年5月22日 PM 07:07
お別れの季節

 

yachiyo1.jpg

4月から新しい環境で生活する患者様が八千代台最後の施術に来院されています。

関西方面に引っ越される方々ばかりで、皆さんアトラス・オーソゴナルの治療院が無いか、私に尋ねておられました。


息子さんと二人で通ってくださったYさん(70代・女性)は、やはり息子さんの転勤で八千代に来られたのですが、1年経ってやっと街に慣れたところでまた転勤。


ずっとマンションに一人引きこもっていたYさんが、八千代台で偶然Yさんと同じ福島が故郷のお友達と出会い、動悸・めまいも治り、みるみる明るく元気になったというのに残念です。

おっとりとして、泣いてた赤ちゃんもYさんの顔を見ると泣き止んでしまう、お地蔵様のようなお母さんでした。

福島訛りや、Yさんがゆっくりと帰っていく後ろ姿がかわいくて、私の方がほっこりと癒されていました。


「先生、今までアリガトね」

と、Yさんがハンカチを目にあてられた時、私までグッときてしまいましたが、次の患者様が部屋に入って来てくれたおかげで涙を抑えることが出来ました。

 

「私、年寄り好きだから、年寄り見つけて仲良くするの」

と、人見知りだったYさんが、八千代で暮らして少したくましくなったようでした。

とはいうものの、おっとりしているYさんが関西のスピード文化に入っていけるか心配です。


しかしYさんは、いつの間にかお友達もたくさん出来たし、お孫さんも国立受かったし、身体も健康に向かっているし、よく考えてみると心配していたことが全部うまく運んでいるのです。


「自分は運がいいんだ!」

と思っていれば、関西でもきっと大丈夫。


お元気でね、Yさん。

今までどうもありがとうございました。

 

** 写真は今朝の八千代台 **

桜は今が満開です。

ポップアップすると穏やかな晴天の上空に、ヘリから落ちていくパラシュート部隊を6つ発見。

 

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

日時:2018年3月28日 PM 06:43
4年ぶりの雪
IMG_1249.jpg

6時半に予約の患者様が

「今日、いいんですか?」

と、来院されました。

外を見るといつの間にかうっすらとアスファルトが白くなっていました。


患者様はスタットレスで来られたので、私の帰りの足を心配してくれたのです。

このぐらいの雪なら京成は走る!と京成電鉄には妙な信頼があるので、気にせずいつも通り営業。


施術を終え患者様が帰られると、大通りには人が一人もいません。

いつもは会社帰りのOLさんやサラリーマンがこの通りを歩いているのにとても静か。

電車が来ていないってこと?と、このとき初めて不安が襲ってきました。


掃除もせずに急いで帰り支度。

しかし駅に着くと、電車は少し待っただけてきちんと来てくれました。さすが京成!

と、ここまでは良かったのですが、自宅の駅で降りると停留所には長蛇の列。

バスには乗り切れず、久しぶりに歩いて帰ることにしました。


もう長靴がミシミシいうほど雪が積もっています。

夜なのに明るくていつもと違う風景。

結構きれいな街じゃない、と感心したりして、ほっぺ真っ赤にして、耳がちぎれそうになりながら、もくもくと歩くこと30分。

翌日も歩いて通勤し、治療院の前を雪かきしました。

ご近所さんと

「大変ですねぇ」

などと言いつつも、お互い顔が少しほころんでいるのは、やっぱり雪の珍しさからですかね。

それでも今年はもうこれ1回で、雪は最後と願いたいです。

日時:2018年1月24日 PM 01:57
防災訓練

 

bousai.jpg

今年も村の防災訓練が行われました。

去年と同じことを反復するのかな、と思いきや全く新しい訓練でした。

 


まず午前9時に家を出て、集会所までかかった時間を計測します。

村人たちはいっせいに同じ時間に家を出ました。私はちょっと支度に手間取って、2分ぐらい遅れましたが。

道中所々で、まだ顔を知らない村の人と出会い、同じ方向へと歩いて行きます。

集会所に到着すると受付に行き、計測時間を報告し記録します。

私は9時11分到着。


ほぼ全世帯が揃ったところで次は応急手当の方法。

段ボールや板で骨折した腕を添え木し、布を三角に折って固定します。

布の長さが足りないときはビニル紐で継ぎ足し、結ぶと良いそうです。

この処置で事後骨の修復が断然早まるとのこと。

やり方を忘れそうなので、消防員の方の見本を写真に撮らせてもらいました。


次はおむすび作りです。

大きなお釜で一斗のお米を炊き上げました。一斗って100合です。

炊きあがったお米をかきまぜると、底の方のおこげがめくれあがって美味しそう。

おむすびはビニル袋にご飯を入れて丸めたり、握ったり。

この方法はラップよりも簡単に、ふんわりとしたおむすびが作れます。良い方法を見つけました。

塩、醤油が用意されていましたが、何もつけずにお米の味を味わってみました。美味しい。

余ったご飯で作ったおむすび2つお土産に頂き、顔見知りの方々とおしゃべりして帰り道はにぎやか。


役員の皆さん、ご飯炊きと片付け、ありがとうございます。

お米を提供してくださったMさん、ありがとうございました。

災害は怖いけど楽しい訓練でした。

 

日時:2017年11月27日 PM 05:14
松の間引き

 

matsu3.jpg

吹く風のうすら寒い季節となりました。

そろそろ垣根や植木の手入れをする時期です。

 

父が毎年やってくれるのですが、高齢のためそろそろ私に継いでもらおうと

「あの松1本やってみろ」

と、奥の人目につかない、やや小さめの松を任されました。


まずは身支度。

松葉が刺さるので帽子

マスク

松脂がつくので長袖シャツ

滑り止めのついた手袋


目以外の全てを覆って、いざ出陣。


コレ↓を 

 

 

matsu1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうする↓

 

 

matsu2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一か所に3つ束がある場合は、一番短い葉の束を残し、後の2つは切り落とすとのこと。


初めはどれを落とすかじっくり考えてやっていましたが、だんだん剪定鋏の「パチッパチッ」という音が小気味良くなり、いつのまにかテンポ良くバシバシ切り落としていました。

切りすぎたかなと思い、父のお手本の松を見ると、だいぶすっきりしてて、まだまだ落としてもいい感じ。


この日は1時間程度で切り上げ2日目。

見本を見ているうちにちょっと応用が効いてきて、
「ここから枝が伸びたらカッコ良くなるんじゃない?」

と枝ぶりの未来図を想像して、残す松葉を選ぶように。

 

今や休日の楽しみとなってしまった松の間引き。

しかし用事が出来てしまい手がつかず、結局父が全部仕上げてしまいました。

かなりスカスカにしたつもりでしたが、父の仕上げはもっと涼しそうで形も良い。


毎年やって、いつか見事な松を成形できるようになりたいです。


 

八千代市の首こり、腰痛、足の痛みは八千代台カイロプラクティック整体院


日時:2017年11月17日 PM 12:22
病院近くの喫茶店

 

viat.jpg

薬をもらうため、母を定期的に病院に連れて行っています。

少し遠方の病院なのですが、ひそかに楽しみにしていることがあります。

それは病院近くの喫茶店です。

大通りから一本入った小道の、住宅街の奥にポツンと黒板が立っていて、この黒板が無かったら見過ごしていたでしょう。

あまり人気の無いこんな片隅でお店を開いているところが何となく気に入って、1時間はかかる母の診察を待つ間、コーヒーで時間をつぶそうと入ってみたのが最初です。

今時の洒落込んだカフェとは違い、さほど期待していなかったのですが、入ってみると小さな店の奥にはピカピカに磨かれた大きな焙煎機がガラス張りの一角に鎮座しています。

「ここで焙煎してるんだ」

と感心し、その珈琲をいただけることに期待が高まりました。

テーブルも床も掃除が行き届いて光っています。

窓際のテーブルに座り、5品目ぐらいしかないメニューからホットを頼み、キリッとしたマスターと、一人しかいない客である私と、静かに1時間の時を過ごしました。

お日様がキラキラ反射した焙煎機も、両開きの窓から入り込む風に気持ち良さそうです。

 

2回目に訪れた時、黒板に目をやると何やら美味しい豆が入荷したとのこと。

「これは買わなきゃ!」

と、この日はお土産も楽しみです。

最初来たときは、お互い余計なことは一言も話さず沈黙の1時間でしたが、今回は豆も頼んだことでマスターと少し珈琲談義ができました。

コーヒーを飲み終えて、お土産に手渡された豆を見てみると、煎ったにもかかわらず大粒でサイズが揃っています。

そういえば庭先でマスターがザルいっぱいの豆をハンドピッキングしていました。

「焙煎して1日経った方がマイルドですよ」

とのこと。


お店の神経の向け方と、スローコーヒーがとても気に入りました。

次回も病院に母を連れて行くのが楽しみです。

 

八千代市の首こり、腰痛、足の痛みは八千代台カイロプラクティック整体院


日時:2017年10月 7日 PM 01:48
1  2  3  4  5

ページの上部へ