八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2018年2月 | メイン | 2018年4月»

5月25日(金)はお休み致します。

日曜・祝日はお休み致します。


2018年3月29日
お別れの季節

 

yachiyo1.jpg

4月から新しい環境で生活する患者様が八千代台最後の施術に来院されています。

関西方面に引っ越される方々ばかりで、皆さんアトラス・オーソゴナルの治療院が無いか、私に尋ねておられました。


息子さんと二人で通ってくださったYさん(70代・女性)は、やはり息子さんの転勤で八千代に来られたのですが、1年経ってやっと街に慣れたところでまた転勤。


ずっとマンションに一人引きこもっていたYさんが、八千代台で偶然Yさんと同じ福島が故郷のお友達と出会い、動悸・めまいも治り、みるみる明るく元気になったというのに残念です。

おっとりとして、泣いてた赤ちゃんもYさんの顔を見ると泣き止んでしまう、お地蔵様のようなお母さんでした。

福島訛りや、Yさんがゆっくりと帰っていく後ろ姿がかわいくて、私の方がほっこりと癒されていました。


「先生、今までアリガトね」

と、Yさんがハンカチを目にあてられた時、私までグッときてしまいましたが、次の患者様が部屋に入って来てくれたおかげで涙を抑えることが出来ました。

 

「私、年寄り好きだから、年寄り見つけて仲良くするの」

と、人見知りだったYさんが、八千代で暮らして少したくましくなったようでした。

とはいうものの、おっとりしているYさんが関西のスピード文化に入っていけるか心配です。


しかしYさんは、いつの間にかお友達もたくさん出来たし、お孫さんも国立受かったし、身体も健康に向かっているし、よく考えてみると心配していたことが全部うまく運んでいるのです。


「自分は運がいいんだ!」

と思っていれば、関西でもきっと大丈夫。


お元気でね、Yさん。

今までどうもありがとうございました。

 

** 写真は今朝の八千代台 **

桜は今が満開です。

ポップアップすると穏やかな晴天の上空に、ヘリから落ちていくパラシュート部隊を6つ発見。

 

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

2018年3月28日
アトランタ研修④

 

bIMG_1364.jpg

朝イチで教室に向うと、既にDR.ロイは静かに座って生徒達を待っていました。

セミナーは昨日の続きで、この日は下肢神経がメイン。

最終日は写真撮影もOKでした。

 

アメリカの生徒さん達は英語の出来ない小さなジャパニーズのおばさんにとても親切で、検体のベストポジションを熱心に譲ってくれました。


神経や靱帯、筋肉が分かるようにカイロプラクティックのためにカットされた検体は、とても貴重でありがたいです。

梨状筋をめくると坐骨神経が現れ、確かに指ほどの太さで下肢へと向かい、切れてしまわないよう丁寧に持ち上げてその走行を追ってみたり、膝蓋骨の下にある大腿骨と脛骨のジョイント部分を観察したりと、2日間にわたり、しっかり頭にやきつけておきました。


セミナーが終わり、別れを惜しみつつ大学を後に。

このあと道に迷い、膝がビックリするほどあちこち走り回り、30分遅れで無事皆んなと合流し、DR.ロイのオフィスへ。

 

私が迷子になることを想定して待ち合わせ時間を決めたのか、DR.ロイのお昼寝を邪魔することなく、ちょうど良い感じにスウェットオフィスに到着し、皆んなで夕食に出かけました。

 

アトラスオーソゴナルの創始者であるDR.ロイと、こんなに近くで普通にお食事できるなんてウソみたい!という気持ちですが、連日の睡眠不足と迷子になって今年一番の運動量で走った疲れで、感激している表情がうまく顔に出ません。

井上先生のおかげでこのようなお食事会に招かれ、一人ひとり直接質問もさせて頂けました。本当にありがとうございました。


振り返ればアメリカにいる間毎日、DR.ロイとサトコ先生にお目にかかっていたのです。

日本に帰って今頃ジワジワと嬉しさを噛みしめ、2日もたたないうちにアメリカロスになり、白い色のカレーを食べたりしながら懐かしさに浸っています。

 

aIMG_1413.jpg

また行ける機会があれば、もう少し英語を話せるように準備したいと思います。


**写真は帰りの飛行機で窓際の外人さんに撮ってもらった雲海**

数秒差で太陽が翼に隠れてしまった!

(今回の旅は最初から最後まで、皆んなに親切にしてもらいました。ありがとうございました)。

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 


2018年3月13日
アトランタ研修③

 

aIMG_1509.jpg

いよいよライフ大学での解剖セミナーです。

人体を皮膚、筋肉、神経、血管、骨と一層ずつめくって参照できる画像テーブル。

回転させたり、部分的にクローズアップして見ることも可能。

各自のスマホにダウンロードも出来ます。スゴイ!

 

 

 

見るだけならば先程のテーブルで良いのですが、年に一度のこのセミナーでだけ検体に触れることが出来ます。検体の維持費たるや相当な額だそうです。

やっぱり本物の人体に触れることは、組織の様子も分かり記憶に残ります。

触ってみると思いのほか硬膜と腸脛靭帯が固いと知り、この固さに対して髄液漏れや靱帯損傷することがあるのだから驚きです。

最も注意深く観察したのは後頭下三角と大後頭神経、アトラス、アクシス。

筋肉の層の間に存在する、か細い神経の走行、ここでしか見れません。

 

丸一日、講義とホルマリン漬けの検体を観察し、髪は2度洗いしないと匂いが取れませんでした。

私たちジャパニーズには特別に質問時間を与えてくださり、先生方が熱心に質問されて良い勉強になりました。ありがとうございました。

 

aIMG_1361.jpg

 

 

そしてお昼は大学近くの中東料理のお店に行きました。


このお店の雰囲気、好きです。

人工的に造作した古さでなく、生活感のある懐かしい感じの古さ。

床と壁の境目なんか、本当にイイ味出してます。


しかもここのお料理はとても美味しかった!


 

aIMG_1362.jpg

お店の名前通り、ひよこ豆をペースト状にしたカレー風味のディップソース(?)が特に気に入りました。


チキンも柔らかいし、下ごしらえをきちんとしているのが分かります。


このお料理はもう一度アトランタに行って食べたい!と思えるほど。



外国の料理って雑だと思っていたので、実を言うと今回の旅の食事はあまり期待をしていなかったのです。

aIMG_1363.jpg

 

 

でもフォーの肉も柔らかそうだったし、ハンバーガーは肉の焼き加減まで聞かれたし、丁寧な仕事をしているんですね。


誤解していてスミマセンでした。


 

 

というかありがたいことに、いつも美味しいお店に連れて行ってもらったおかげかもしれません。


さて明日は、いよいよセミナー最終日となります。(つづく)

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

2018年3月 7日

ページの上部へ