八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

膝・股関節痛

整体セカンドヘッダー画像

膝・股関節痛

ママさんバレーと股間節症

Gさん(60代・女性)はとても明るく元気な奥様で八千代台に近い千葉市花見川区から来られました。

千葉市の小学校は夜間、一般の方に体育館を解放してくれるそうで、Gさんは仕事を終えてからこの体育館でママさんバレーを楽しんでいたそうです。バレー暦はもう40年。ところが1年前から股関節が痛み出し、とうとうバレーが出来なくなってしまったのです。

整形では変形性股間節症と診断され、手術をするほどではないということで痛み止めの薬をもらったそうです。

なんとかバレーボールが出来るようになりたいと当院を訪れ、整形でもカイロプラクティックをやってもよいか医師に相談したそうです。整形の医師は

「どんどん、やっていいですよ。何をやっても同じだから。炎症とそれがおさまることの繰り返しだから。」

と話したそうです。手術する日まで痛み止めの薬を処方するだけで、改善をあきらめているように感じました。

この日は股関節に炎症があったので、直接股間節にアプローチせずとも効果が期待できるJN股間節テクニックを施すと、

「あら全然違う、軽くなってます!」

と足踏みで確認。炎症はおさまったようです。ロイヤルブロック後は更に楽になった様子でした。

またバレーボールを楽しむことが出来るように、カイロプラクティックで股間節が復活するように頑張って続けていきたいと思います。


八千代市の整体、カイロ 八千代台カイロプラクティック整体院

 

日時:2009年10月 3日 PM 04:21
八千代台の生キャラメル・股関節痛

Sp1000878_2 八千代台の桜もやっと満開となったので、今日は第一公園で一人花見をしようと思い、公園近くのお惣菜のお店に花見弁当を買いに出かけました。

このお店のオーナーであるIさん(40代・女性)は当院の患者様で、2年前に変形性股関節症と診断され痛みがひどくなるならば手術をするように病院で言われました。最近は立っていることさえ辛くなり、「手術しかないのか…」と悩まれて当院に来られました。

「痛みが無くなるところまで改善するかどうか1クール試してみてください。1クールやって何も変化が無い場合は考えましょう」

と言って施術を始めました。

早速セミナーで習った必殺技を施し、ロイヤルブロックとCV4。

2回目に来院されたとき、

「1時間立ち通しでいると辛かったんですが2時間立っていられました。立ち上がるときの腰も軽くなったんです」

とIさん。1回目で嬉しい結果が出てホッとしました。引き続き同じように施術していくつもりです。

お店に行くとIさんはホッペをピンク色にしてお惣菜を作っていました。好きなお仕事をされているからでしょうか、当院に来る時と表情が違ってキラキラしています。股関節が痛くて辛いようには見えませんでした。

Iさんのお店では手作りの生キャラメルも売っています。「八千代牛乳」と八千代の養蜂場の蜂蜜を使っているそうです。イチゴ、バラ、チョコ、抹茶…など味は6種類。箱根登山鉄道にも卸しているそうです(写真は桜とプレーンのキャラメル)。

Sp1000883_2

Iさんのお弁当とキャラメルを買って公園へ。公園はブランコで遊ぶ子供達や家族連れで賑わっていました。桜を眺めながらベンチでお弁当を食べていると、風も無いのにヒラヒラと桜の花びらがお弁当の中に落ちてきます。お弁当は美味しいし桜もキレイなのですが、やっぱり一人花見は何となく楽しさに欠けました。けれども、おやつに買ったキャラメルは「花畑牧場」にも勝るほど美味しかったです!

ところで、先日のセミナー以降、肩・股関節の症状で来られる患者様がとても多いです。本当に不思議です。

日時:2009年4月 7日 PM 07:39
膝・ふくらはぎの痛み

2年前に仕事中肉離れを起こし、以来ずっとふくらはぎの痛みと腫れに悩まされていたMさん(40代・男性)。

当時、やっとの思いで病院に駆け込んだものの、足にシップを巻いてもらい痛み止めの薬を出されただけでした。

「患部を冷やして安静にするとか、入浴についての指示は受けましたか?」

とお聞きすると

「何も言ってくれませんでした。家でも松葉杖をついて歩くほど腫れあがっていたのに。」

と言うMさん。

それ以降の通院でも特に注意も無く、「かなりひどい腫れだねぇ」と言いながらシップを取り替え、その後はお湯に患部を浸す治療で2ヶ月間通ったそうです。

Mさんはそれきり病院に行ってないそうですが、2年経った今でもふくらはぎの痛みは治まらず、時々ビリッと電気が走るような感覚もあるそうです最近では膝まで曲げにくくなってしまいました。

いつも通りの膝の施術と、ふくらはぎに対してはリンパと最近スクールでよく行っているテクニックを施しました。

2回目の施術で膝から痛みは無くなり少し重く感じる程度、3回目ではだいぶ曲げやすくなりました。ふくらはぎも以前は少し押すだけで顔をしかめていたのに、今は痛みが気にならないようです。電気のような痛みは初回で取れているようでした。

ふくらはぎのテクニックはこの種の患者様には毎回効果が有り、本当に驚かされます。

Mさんの経過が順調なことと、特殊テクニックに感謝です!

日時:2009年1月24日 PM 09:06
坐骨・腿・膝痛

Simg_3589 今迄、腿が持ち上がらず、右足を引きずって通われていたJさん(60代・女性)。今日は少し早めに来院されたので前の患者様の施術が終わるまで椅子に掛けてお待ちいただいてました。

暫くするとカーテンの向こうで、何やらJさんが物音を立ててます。

施術が終わって覗いてみると、なんとJさんが大きく足踏みをしているのです。

びっくりしました。坐骨から膝にかけての筋肉に力が入らず、無理に腿を上げると痛みが出るので足踏みが出来なかったのですが、今、目の前で大きく腕を振って足を高く上げているのです。

「先週の治療の後から出来るようになったんです」

とニッコリ笑うJさん。

Jさんの施術を始めると

「痛かった時はイライラしちゃって家族の小っちゃな頼まれ事に腹を立ててたけど、今は何でも、はいはいって聞けるのよ」

と話してくれました。痛みが無くなり、気持ちに余裕が出来たのでしょう。

やっと旅行の広告やパンフレットを見る気になって、お嬢さんもお孫さんも喜んでいるそうです(良かったです!)

近い将来、家族みんなで旅行に行けるよう、頑張って施術していきます。

日時:2008年9月30日 PM 07:16
膝・股関節・大腿部の痛み

S 「膝と太腿の前の方が痛くて、ピョコタン、ピョコタンってやっと歩いてるんです」

というJさん(60代・女性)。

1つめの整形ではレントゲンで腰も膝も異常無し、薬をもらっただけで痛みは無くなりませんでした。2つめの整形に行き、レントゲンを撮ったものの骨のどこに異常があるかの説明は無く、坐骨神経痛と診断されました。

「坐骨のところが痛かったから坐骨神経痛って言ったのかしら?」とJさん。

検査をしてみると仙腸関節に問題があります。

お尻と腿が痛くて仰向けでも膝を伸ばせない状態。なんとかJNTブロックを入れました。

ブロックが入っている時は大丈夫だったのですが、抜いた途端に突然痛みが走りました。激痛で顔をしかめるJさんをうつ伏せにして枕で処置すると、しだいに痛みは無くなりました。

そのまま10分間休みベッドから立ち上がってもらうと、もう痛みは消えて歩いて帰ることができました。

2回目の今日、前回の痛みが気になったのですが、

「あれから2日間、膝の痛みが無かったんですよ。先生に電話でお知らせしようかと思ったんですけど…。ここに来る前に会った友達にも歩き方が良くなってるって言われました」

との報告。今日も施術後

「前回より足が軽くなっています」とのことでした。

早く庭の草むしりを膝を曲げてやりたいというJさん。

「この痛みが無くなったら、なんて幸せかしら…。楽しみに来ます」

と言い、帰って行かれました。

(写真は天然氷のかき氷屋さんで撮った昔の冷蔵庫です)

日時:2008年8月15日 AM 09:23

P1000504 朝一番の患者様が終わりお見送りして暫くすると、以前当院で治療されたTさん(男性)が玄関から顔を覗かせました。

たしか股関節を痛めて年末に来られ、お正月休みの間に2回施術して良くなられた患者様です。

「お久しぶりですね、今日はどうされましたか」と聞くと

「転勤で八千代台を離れ、高知に行くことになりました。もう来れなくなるので最後に診て貰おうかと思って。疲れもあるし…。ちょうど今空いているみたいだから」

と、とてもいいタイミングで入って来られました(この日はこの時間が一番空いていたのです)。

誰でも痛くなれば治療に来ますが、男性はお仕事上なかなかメンテナンスだけに来られる方は少ないです。まだ開業してから4ヶ月ですがメンテの患者様は初めてでしたので、Tさんの言葉に感激してしまいました。

股関節はどうやら調子が良いようです。本当にお疲れのようで、施術中半分はすやすや眠りこんでいたTさん。

お体に気をつけて、高知でもお仕事頑張ってください。

日時:2008年4月 2日 PM 04:00
前の10件 1  2  3

ページの上部へ