八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月»
腕の痛み・シビレ

午前2.jpg10日ほど前から左腕が痛み出しシビレも出るようになってしまったNさん(30代・男性)。

奥様が産後の腰痛を改善されたことで、今回来られました。
Nさんは以前病院でストレートネックと言われたことがあり、いつも首の付け根が重くパソコンでのデスクワークは姿勢に気をつけている様子でした。
初回、首回りの筋肉の緩めや肩・肘などの関節にアプローチし、骨盤矯正。
施術が終わり、次回の予約日を記入していると背後から
「軽くなってる」
というNさんの小さな声が聞こえました。
次に来られた時は3歳の男の子と一緒でした。
お人形のような可愛い坊やです。
この子が生まれてからママが最初に来たのだから、あれから3年になるのね。こんなに大きくなるなんて。
しみじみとした気持ちになりました。
アンパンマンを見ながらパパの施術が終わるのを大人しく待っています(こんなにお行儀が良い男の子って珍しいんじゃないかしら、と思うくらい)。
パパも自慢の坊やのようです。
施術が終わると
「今は痛みが2~3割ぐらいです」
と言い、礼儀正しくお辞儀する坊やの手をとり、帰られました。
そして本日検査は陰性。
「全く痛くないです。不思議ですね~」
と、Nさん。
私ももう少し時間がかかるかなと思っていたので、2回で痛みが取れたのは驚きました(カイロの神様アリガトウ!)。
Nさんは今日で卒業だというのに
「妻に、買っておいてって言われてきたので」
と、新しい回数券を買われました。
当院を常備薬のように思っていただけるのは、とても嬉しく思います。
今回も、改善された患者様に元気づけられ、温かい気持ちにさせていただきました。
いつも本当に感謝しております。ありがとうございます。
2011年4月28日
ツイン現象?
ラナンキュラス.jpg建築の仕事をされているTさん。作業着にピアスの似合う男性です。腰痛で来られました。
背中から腰にかけて背骨の両側が盛り上がり硬くなっています。
マッサージに通ったり接骨院で治療を受けたりしたようですが、なかなかこのハリが取れなかったようです。
ベッドにうつ伏せで寝てもらいR3施術を開始。しばらくすると先ほどまで硬かった背中から腰にかけての筋肉がとても柔らかくなってきました。
「ここ、今は弱まってる」
とTさん。背中のハリを確認してもらいました。1回でこれだけ緩んでくれると安心です。
続けてR2施術。
術後、痛みの確認をしてもらうと
「痛くない・・・」
無表情で腰を捻ったり、反ったりしています。
帰り際、忘れ物が無いように
「ベッドにピアス、置いていかないでね」
と言うと、初めてニヤリと笑ってくれました。
翌日、やはり背中から腰にかけて硬いハリのある男性が来られました。
Hさん(20代)は介護の仕事をされています。野球をやっていた高校生の時に分離症になり、ずっと腰に痛みがあります。
Hさんも施術中に、背中から腰の筋肉が緩んできたことが確認出来ました。
全ての施術を終えると
「痛くないです」
と、爽やかな笑顔で帰って行かれました。
お休みを頂いた翌日。
十朱幸代さんのような笑顔のステキな女性(50代)が腰痛と左右のお尻の痛みで来られました。
数日後、やはり女優さんのような綺麗な女性(50代)が全く同じ症状で来られました。
お二人とも初回でお尻の痛みが取れたり、前かがみで靴下が履けたりと、効果が出ています。
高校生の女の子が来院すると、翌日も高校生の女の子が来られます。
新規の患者様のツイン現象が続いているみたいです。
なんだかとっても不思議です。
2011年4月22日
花見とおむすび
この日曜はポランティアで、西小山に向かいおむすびを作りました。
土曜の仕事を終え掃除を済ませると夜の9時。この日来られた患者様から頂いた大きなバームクーヘンを手土産に、そのまま友人達のキッチンへ向かいました。
新潟からも米生産者の友人が駆けつけ、かつて「おむすび職人」を目指した(?)頃の仲間達と狭いキッチンで作業開始。たまに畑違いの仕事をするのも楽しいものです。
キッチンでは500個作り、会場で200~の予定。
友人の米は田んぼの土作りに5年を費やし手間と費用が3倍もかかる、手塩にかけて育てたこしひかりです。新潟ではちょっと有名な彼が作る米は、文化人の方、芸能人の方などにも多く食べられています。
この米を使って一度に2升分の丁寧な米研ぎと炊き、型など使わない手むすびは、本当に美味しいのです(特に冷めてからが美味しい)。
徹夜でもくもくと作業し朝7時に終了。私が握ったものは300個以上あったので、多くの人が私が作ったおむすびを食べることになります。大丈夫、美味しくなるための念をこめたから。
車にたくさんの荷物とおむすびを載せ友人達はキッチンから会場へ出発。仕事を終えた私は帰宅することにしました。天気が良いからきっと賑わうことでしょう。

帰り道、せっかくなので目黒川の桜を見ていこうと思いました。
一人ぼっちの花見ですが、午前中にもかかわらず中目黒はすごい人出。
おととし、去年とここに来たことを思い出しながら、花見を楽しみました。

目黒川2.jpg
目黒川.jpg


















しばらくすると友人から電話で
「爆発的におむすびが出てるよ!すごい人だよ!」
と、大盛況の連絡が。
現場での製造も追いつかず、キッチンで追加作業するようです。
私の握ったおむすびを美味しいと食べてくれている人たち、アリガトウ!

来年は美味しいおむすびを食べながら、ゆっくりと皆んなで花見をしたいものですね~。


2011年4月11日

ページの上部へ