八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2015年7月 | メイン | 2015年9月»
数年ぶりの患者様
flower53.jpg

ここ数日、久しぶりの患者様が多くいらっしゃいました。

2年前に3回ほど通われていたSさん(40代・男性)、あれから腰痛は再発することなく無事でしたが、今回は四十肩になってしまいました。

 


病院など色々な所に行かれましたが良くならず

「やっぱり先生の所にお願いしようと思いまして・・」

と、Sさん。

もう半年も肩の痛みに悩まされているそうです。


肩の症状は首からの影響を必ず受けているはずです。

頸椎矯正のためコンピュータで検査すると、Sさんの首は2年前と同じく左側メジャーでした。

この日も左頸椎1番を機械のソフトな力で安全に矯正しました。


前回の腰痛は比較的早く改善しましたが、腕を水平の高さまで上げられない今回の四十肩は重症です。

Sさんは次回の予約をお取りすると初回から回数券をお求めになり、ご本人も施術を続けることが重要だと理解されてるようでした。

頑張ってまいりましょう。


次に来られたNさん(40代・男性)も3年ぶりです。

当時は奥様を施術していたのですが、毎回奥様に付き添って来られ、そのアツアツぶりを覚えています。

今回はご自身が毎日頭痛に悩まされ来院されました。


検査のお仕事で目を酷使するようです。

筋肉の弛緩と頸椎の矯正を行いました。

Nさんの頸椎2番は右に大きく回転し、この歪みは2番から後頭骨に続く靭帯・膜・筋肉を緊張させます。

2番を正中に動かすと、痛みが薄れてきました。

この状態で頸椎1番を矯正すると

「来たときよりも楽になっています」

と、Nさん。

薬が無くても頭痛が治まったようです。


施術が終わるとNさんは、仕事帰りの奥様と待ち合わせしているようでした。相変わらず仲が良さそうです。

首の状態も仲良しも、ずっと持続させていきましょう。


そしてAさん(30代・女性)も、頑張って遠方から通ってくださいました。

駅の西口にエレベーターが無く、ベビーカーで大変だったと思います。

6回目の今日の施術、二人目の赤ちゃんが授かるようお祈りしています。


皆様、ありがとうございました。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

 

2015年8月26日
連休前に激痛

 

aIMG_2507.jpg

お盆の連休前、激痛を発した患者様が続けて来院されました。

お休み前に、急性の痛みで駆け込まれることは良くあります。

 

お尻から腿にかけてシビレまであるというFさん(40代・女性)、施術ベッドの上で身体の向きを変えるだけでも顔をしかめてしまいます。

頸椎を矯正するのに施術ベッドのヘッドピースまで這って行き、やっと頭を乗せ、ようやくセッティングが終了すると瞬時に矯正。

「パチン」と、あっという間に終わってしまい

「もう終わり?! ここに寝るまでの方が大変!」

と、苦笑いのFさん。

しかしすぐに立ち上り、痛みを確認してもらうと

「さっきよりも楽になっている!」

と、驚きの表情。

「首も後ろに曲げられる!」

と、首も悪かったのでしょう、しかし動くようになりました。

初回でこれだけ良くなっているので連休はなんとかなりそうです。

休みが明けて本日来院されると、お尻の痛みは無くなっていました。

このまま続ければ更に良くなっていきますので頑張ってください。


その次に来られたEさん(60代・男性)、一足先に車で長旅され、後部座席で丸くなって寝ていたせいか、ぎっくり腰になってしまいました。

Eさんも激痛のためブロックテクニックでやさしく骨盤を矯正しました。

まだ仰向けで寝るのが痛々しい状態でしたが、オーソゴナルでパチンと頸椎を矯正すると、Fさん同様

「軽くなってる!」

と、立ち上がって腰を動かしていました。

この日、2度目の奇跡です。

Eさんは6年前から頸椎症で腕に痛みがあり

「首も治してもらおう!通わせてもらうよ。」

と、おっしゃってくれました。ありがとうございます。

2度目の施術に来られると、腰の方はすっかり良くなり、手摺に掴まることなく椅子の立ち上がりが出来るようになりました。

長年患っている首も良くして行きたいと思います。頑張ってまいりましょう。

 

** 船橋屋の葛餅 **

子供の頃は葛餅が苦手でしたが、こちらの葛餅はモチモチしてて美味しいと思いました。

ネスカフェのオマケで付いてたコーヒーカップにマッチしてます。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

 

2015年8月19日
ご夫婦でカイロプラクティック

 

flower12.jpg

最近は赤ちゃんを連れて、ご夫婦で交互に施術を受けられる患者様が増えています。

 

赤ちゃんもママパパのどちらかと一緒なのでご機嫌が良いです。

 

奥様のKさん(30代・女性)、授乳などあぐらを組むことがあるのでしょう、右足を外側に回旋すると足の付け根が痛みます。

立ち上がる時に激痛が伴うこともあるそうです。

施術を受けると仰向けで腰が楽に寝れるようになり、その後の施術でつま先を外に回転させても股関節が痛まなくなりました。アキレス腱の痛みも軽くなっています。

術後の良い状態を維持するため、もう少し頑張って続けてみましょう。


ご主人の方は過去に事故で2回ムチ打ちになったことがあり、右腕右足にシビレがあります。

奥様の話では、毎日どこか具合が悪いとおっしゃっているそうで、とても辛そうです。

固く動きにくくなった首は少し後ろに曲げるだけで

「ウウ~ッ」

と、うなっています。

ご主人も骨盤から検査してみると、奥様同様右側が後方内方に捻じれていました。

家庭の中で何か同じ捻じれを生じる環境があるのかもしれません。

 

シビレもあり重症と思われていたご主人でしたが、初回の施術で手足のシビレが取れました。

「今は右の腰が張ってるのが気になります」

とのこと。

奥様と同様に骨盤、頸椎の矯正を行い、3回施術すると術後の腰は良くなっていきました。

ご主人もこの状態をキープするため頑張ってまいりましょう。


お二人とも赤ちゃんの抱っこで右手首に無理がかかっているようです。テープも貼っておきました。

痛む右手を使い、優しい眼差しで赤ちゃんを抱きかかえるご主人。

赤ちゃんを抱っこしている男性の姿っていいものです。

赤ちゃんと一緒のどのご夫婦からも幸せオーラが感じられ、温かい気持ちにさせてもらえます。

 

aoshima.jpg

 

** Hさんからの頂き物 **

ご実家のある宮崎のお菓子。

いつもありがとうございます。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

 

2015年8月11日
アメリカでAOを受けた患者様

 

flower51.jpg

アメリカでオーソゴナルを受けたことがあるという女性から、二人のお子さんを診てほしいとお電話がありました。

帰国して日本でオーソゴナルを行う治療院を探し東京まで通われていましたが、遠方だったため当院に来られました。

 

 

「オーソゴナルはすぐ良くなるから!」

と、おっしゃるお母様の言葉から、アメリカで受けたオーソゴナルへの信頼が伝わってきました。

この期待を裏切ることがないよう頑張らなければなりません。


最初に大学生のR君からです。

空手を習っていて、右顎を殴られ左の顎関節が痛むようになりました。そのほかに膝、首、腰、毎日の頭痛と、たくさんの症状があります。

「アメリカのカイロプラクターは言えば何でもすぐ治してくれるから!」

と、お母様。

これらは全て頸椎が関与していると思われ、オーソゴナルが決まれば全て改善されるはずです。

膝はドロップも加え、最後はオーソゴナルで終了。

そして弟のD君、中学生。

背が高く猫背が目立ちます。首も前に突き出て肩や首に負担をかけています。

オーソゴナルは兄弟共にショートレッグ、メジャーが右側でした。

術後にD君は首、腰が楽になったとおっしゃっていました。

しかし次に来られるとまだ首や肩甲骨が気になる様子。

D君は気付かないうちに背中が丸くなってしまい首が前に出るので、首回りの筋肉に疲労が出てしまいます。

スマホや勉強の姿勢を気をつければ、症状の半分を自分で治すことが出来ると思います。

コンピュータ検査では頸椎1番は安定を保っているので姿勢を第一に気を配ってみましょう。

お兄ちゃんのR君は

「顎はもう痛くないです」

と、頸椎1番が調整されたことで顎関節がすぐさま改善されました。

膝も良いということで、この日の骨盤矯正で腰痛も無くなりました。

2回目は兄弟共にノーアジャスト。頸椎1番は安定しています。

3回施術し、R君はほとんど良くなったので本日はメンテナンス。

D君は勉強で忙しく体調がすぐれない様子でしたが、2度目のオーソゴナルで気分が少し良くなったようです。

首や肩も軽くなったようなので次回からはメンテナンスです。

 

二人とも短期で改善されたので、オーソゴナルの信頼を保てたのではないかと思います。

 

aIMG_2502.jpg

 

** 写真はAさんから頂いたお土産 **

本日の弁当のお供にさせて頂きます。

珍しいフキノトウの漬物が美味しかったです。

ありがとうございました。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

 

2015年8月 5日

ページの上部へ