八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2020年11月 | メイン
今年最初のビックリした出来事
flower124.jpg

年末に異動で地元の拠点を去ってしまうSさんの送別会がありました。

Sさんは1年前の同じ頃に、やはり異動で私の住む地域に来られたのですが、スラリとした色白の女性で、その美しさは常人離れしていました。

どの方も初対面ですぐ彼女に惹かれ、彼女の仕事に協力的でした。

数回しかお会いする機会がありませんでしたが、Sさんとお話できると私もソワソワ、ワクワク嬉しかったです。

このコロナ禍で苦戦している私を、陰ながら応援してくださっていました。

なので送別会にちょっとでも顔を出して、お礼を言いたいと思っていたのですが行くことが出来ず、メッセージを封筒にしたためて参加者に預かってもらいました。

「もうお会いすることは無いだろうなぁ」

美人とのお別れは淋しいです。みんなもきっと同じ思いでしょう。

私のことなどすぐに忘れてしまうだろうけど、お礼だけは言っておきたい。

そうして冷たい雨の日の送別会は過ぎていきました。

 

年が明けて10日ほど経ったある日、仕事も終わり帰ろうかという時、突然スマホが鳴りました。

電話は封筒を預けた方からで、Sさんにメッセージを届け忘れたという連絡。

「え~っ!?」

声には出さなかったけど、心の中で叫びました。

だって正月の間Sさんを思い浮かべ、私の感謝の気持ちは届いているだろうと安堵していたのですから。

「まあ、これも神仕組みか、しょうがない。こうなるには何か意味があるのだろう」

と、帰路につきました。

 

ひと気の少ない下りホームで電車を待ちながらまだガッカリしていると、突然スラリとした女性が私の前まで歩いてきました。

マスクで顔半分隠れていますが(Sさんに似てる!)。

お互い目を見つめ合い、「もしかして?」のような雰囲気になり、

「私、Sです!」

と、声をかけてくれました。

さっきの電話からまだ間もない今、二度と会うことは無いと思っていたSさんに遭遇するなんてビックリです。

Sさんは東京の方だと思っていましたが、なんと私の地元に数年住んでいるそうです。

八千代の拠点も異動で任された地のひとつで、ちょうど仕事帰りでした。

 

10分程度でしたが、電車で二人きりでお話が出来てもう満足です。

「神様に見離された」と思っていましたが、「神様はいるんだ」と思った一瞬でした。

今年最初の嬉しい奇跡です。

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

2021年1月20日
謹賀新年
flower123.jpg

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

2021年1月 6日

ページの上部へ