八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

プロのお仕事

整体セカンドヘッダー画像

八千代市の八千代台駅から徒歩3分。女性整体師が施術致しますので女性の方もお気軽にご来院下さい。

プロのお仕事

以前から、いつかやらなくてはと思っていた喪服のお直しに都内まで出かけました。
予約日だった昨日はあいにく雨に降られてしまい寒かったのですが、街は歩行者天国で賑わい、店まで歩くと汗ばむぐらいでした。

この喪服は私が20代のOL間もない頃、祖母が亡くなり急いで買いに行ったものです。
母に
「皆んなが黒を着てるから並ぶと品の良し悪しがよく分かる。黒だけは恥ずかしくないのを買ってくるんだよ!」
と言われ、少し奮発して買ったものです。

その後、喪服を着る機会はそんなにありませんでしたが、20年経った今も幸いにしてサイズが変わることなく着れてます。
ただ当時の流行で肩パットが入っており、これがなんとも古臭いので、今回肩幅をつめてもらおうとプロの専門店に行きました。
初めての高級リフォーム専門店に
「こんな喪服持っていって失笑されるかな・・」
と、少し不安になりました。

私と同じ時間に予約だった男性客と一緒に店の扉を開け、二人とも別のフロアに案内されました。
男性客はダッフルコートの補正のようです。男性のフィッターと親しげに話しています。
私には女性のフィッターが就いてくれ、こんな古い喪服でも嘲る様子もなくサバサバと、バランスを見ながらマチ針を刺してお直しの提案をしてくれます。
いつしか最初の不安も取れ、気が付くといつもの陽気な私になって鏡をチェックしていました。

そしてジャケット全体を直す料金は、新しい喪服の購入に投資した方が良いか迷う金額でした。
古い喪服は薔薇の刺繍が気に入っていて、最近ではこういう装飾のあるものはあまり見かけません。
この金額で直しても全体的なデザインの古さは否めず、新しいデザインに買い替えた方がいいのですが、刺繍が捨てがたいのです。
肩幅ツメのみでバランスを整えることに決定し、料金はグーンと安くなりました。
この古いタイトなデザインが珍しくて意外と斬新かも・・と、考えればまだまだ着れます!いや、着こなします!

こうしている間にもフロアには、私の後の次のお客さまが入って来られます。
東京の中心地なだけにお直ししたい方がこれだけ集まるものなのですね。それはお店の信頼と実績によるということも、ここに居た数十分で感じ取れました。

ツリー銀座.JPGそしてなかなか行けずにいた用事を一度に済ませようと、この店にほど近い宝石店にもネックレスの糸替えに足を運びました。
こちらのお店では顧客に毎年無料で糸替えをしてくれるのです。
汚れや湿気でのびてしまう絹糸を、年に一度メンテナンスしてくれるとても嬉しいサービスです。

どちらのお店もプロの意識を感じました。
人々の求めていることに正しい方法で精いっぱいのサービスを提供して受け入れられていくこと。
よく考えて毎日の仕事に打ち込みたいと思います。

*** 名物ツリー ***
今年も名物ツリーが早くも登場。
12月になるとあちらこちらの街がイルミネーションできらめきますね。
次に来るときはライトアップされた東京駅の威容と、丸の内イルミネーションのコラボを見たいと思います。


八千代台駅徒歩3分、八千代台カイロプラクティック整体院

日時:2012年11月24日 PM 04:41

コメント(2)

山崎先生の喪服姿素敵でしょうね。
考えただけでもゾクゾクします

素敵でいられるよう頑張ります。
でも喪服ばっかりは、着る機会が少ないことをのぞみます。

ページの上部へ