八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

整体セカンドヘッダー画像

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

ヘルニア・お尻から足の痺れ
jam.JPG

Mさん(40代・女性)、腰からお尻の痛みと、左足全体に痺れも出ていました。

7年前に腰椎椎間板ヘルニアを患い、その時は反対の右側に症状があったのですが、今回は短下肢側に痛みあり、前回よりも状態が良くありません。


短下肢側の腸骨の矯正、そしてブロックでの梨状筋操作を行い、次に頸椎の矯正です。

ヘルニアを患っているほとんどの方が、首が悪いのです。

コンピュータ検査するため検査椅子に腰かけてもらうのですが、固い椅子での座位が患部骨盤やお尻の安定に影響するのか、ふらつきが大きく検査が取れません。

磁石に検査を切り替え、手の長さも参考にし、左側アトラスを陽性としオーソゴナルを行いました。

術後、足の痛みやシビレが弱まり、Mさんに笑顔が戻りました。

付き添われたご主人に

「すっごい楽になった!」

と、言って帰られました。


しかし、翌日まで調子が良かったのですが、また足に痺れが出てきてしまいました。

「左足の甲にも痺れが有ります」

と、Mさん。

後方変位している骨盤と仙骨のドロップ、腰椎5番のポンピングを行いベッドから起きると

「あれっ、痺れてない!」

と床に足先を立てて、足甲・足裏の痺れを確認していました。

そのまま頸椎の検査に入り、この日は痛みが落ち着いたこともあってかコンピュータ検査が可能でした。

しかもその結果は、頸椎が良い状態と判断されていました。前回の矯正がまだ持続しているようです。


3回目に来られると、

「もうほとんど足に痺れは無いです」

とのこと。

しかし仕事に復帰され、前かがみでの作業が多かったために腰が痛くなったそうです。

本日も骨盤の矯正を行うとすぐに腰の痛みは取れた様子。

検査すると頸椎もまだ良い状態を保ち続けていました。

首から神経エネルギーがきちんと流れ、治癒力が高まっているのです。

個人差はあるとはいえ、坐骨神経痛まで発症していたのがメキメキと改善されて本当に良かったです。

 

 

** 写真は3年ぶりに来院された患者様から頂いた手作りのジャム **

紅ほっぺときび砂糖で作ってくださいました。

市販のツンとした甘さはなく、フルーツの爽やかさな甘さが上品でした。

手作りって何でも数段美味しいですね。


日時:2015年4月11日 PM 04:24
座るとお尻から太腿が痛い

 

flower34.jpg

Kさん(30代・女性)、美と健康のためエレベーターを使わず5階のオフィスまで階段を使い始めるようになってから、お尻やふくらはぎに痛みが出てしまいました。

 

朝は特別痛みが強く、病院では腰椎の4番5番がやや狭いと言われたそうです。

 

骨盤と頸椎の矯正による初回の施術で、起床時の痛みは少なくなりました。

30分座っていると痛み出すふくらはぎも施術回数を追うごとに軽くなり、1時間もち、3時間もち、半日もつようになりました。

6回ほど施術すると、ふくらはぎの痛みはほとんど無くなり、車で旅行に行けるようになりました。

車中長い時間座りっぱなしでも平気だったようです。

「痛みが気にならない日の方が多いです」

と、Kさん。

施術間隔を2~3週間と空けていきました。

天気が悪かったり、寒い日にだけ症状が出るようでしたが、自律神経のバランスが整い、本日までの3週間、天気や寒さの影響を受けずに痛み無く過ごせたようです。

これからもカイロプラクティックでこの良い状態を保って頂きたいと思います。


さんは痛みが軽減すると、彼と色々な所に出かけることが出来、とても楽しいお話を聞かせてもらえるようになりました。

その中で一番驚いたことが出雲大社のお話です。

Kさんは、すでに高円宮典子様と千家さんのご結婚前に、女の子同士で出雲大社に行かれたそうです。

するとそのあとすぐに彼氏が出来たというのです。しかも一緒だったお友達にも。

やはり縁結びの最強スポット出雲大社、スゴイです!

この彼とご結婚の予定、おめでとうございます。

結婚式まで、万全の体調であるようにいたしましょう!


日時:2015年2月18日 PM 04:43
冬の腰痛と坐骨神経痛

 

flower31.jpg

年末年始の疲労と寒さで、ここ数日腰痛や坐骨神経痛の新規患者様が来院されます。

もともと違和感があったところに、いよいよ痛みが増して激痛となったようです。

 

Fさん(40代・男性)は社用車に乗る時間が長いため腰に負担がかかり、正月はぎっくり腰で休んでいたそうです。

腰は前にかがめても反っても痛みがあります。

オーソゴナルの検査を行うとテピカルロー、比較的早く改善されるタイプでした。

施術が終わり、ベッドから起きると随分楽になったのか、車での腰痛対策など質問され、硬かった表情が柔らかくなり元気になった様子がうかがえました。


そのあと来られたIさん(40代・男性)も、1週間前に重い物を持ち上げて激痛が走り来院されました。

Iさんの場合はテピカルハイ、こちらも早い改善が期待できそうです。

Iさんも施術が終わると腰が軽くなったことに驚かれ

「だいぶいいですよ!」

と、笑顔で帰って行かれました。


女性に比べるとあまり感情を表に出さない男性に、明るい表情を見せてもらえると

「いい仕事が出来た!」

と、達成感に満たされて家路につけます。ありがたいことです。

 

坐骨神経痛でお尻から足に痛みが出てしまった患者様も続いて来院されました。

Hさん(30代・男性)は頸椎だけを矯正しました。

オーソゴナルの直後に

「背中が楽になってる」

とおっしゃっていたので、これから徐々に効果が表れてくるでしょう。

首だけの矯正で、下肢の痛みがどのぐらい取れているか、結果が楽しみです。


Sさん(40代・女性)は両足の痛みで寝ても座ってもいられず、ご主人に付き添われて来られました。

施術が終わり、ベッドで10分ほど安静にしていると

「仰向けで寝ていられる」

と驚いていました。

充分休んでから起き上がると、両足の脇に手を当てて

「ここの痛みは消えてる!」

と、おっしゃっていました。Sさんもこのまま頑張れば良くなっていくと思います。

 

皆さん、お仕事でなかなか身体をいたわることが出来ず、ここまで辛い痛みとなってしまいました。

少し良くなられても終わりにせず、矯正を続けて骨格を正していきましょう。

 

日時:2015年1月20日 PM 04:04
ぎっくり腰と坐骨神経痛

 

flower21.jpg

台風で気圧が低くなり出した頃から、ぎっくり腰の患者様が続くようになりました。

既に坐骨神経痛の症状が有り、ふくらはぎまで痛みやシビレのある方々に、ついに魔女の一撃が襲ったのです。

 


Iさん(30代・男性)はヘルニアで6年間辛い思いをされていました。

ここ1年位、前わき腹が痛み出すと、そのあとお尻からふくらはぎにかけて痛みやシビレが出るようになりました。

まず骨盤と腰椎5番、梨状筋に対して施術すると、痛みは少し軽くなった様子でした。

次に頸椎をコンピュータで計算された矯正角度により機械で矯正すると、10㎜短かった右足が左右共揃いました。

頸椎から胸椎、腰椎、骨盤へと、矯正による筋肉や筋膜などの組織に変化が出た結果です。

これならば良い効果が出るはずです。


2回目に来院されると、前回の施術で腰の激痛は治まったということでした。

本日の頸椎はコンピュータ検査でノーアジャストと良い結果が表示され、両足とも長短差無く揃っていました。

首は良い状態で落ち着いてるようです。

骨盤と腰椎のみの施術で終了しましたが

「軽くなっています!前回も終わった後は軽かったです」

とおっしゃっていただけたので、このまま続けていけば6年間苦しんでいる坐骨神経痛を改善できると思います。

頑張ってまいりましょう。

 

 

 

日時:2014年10月16日 PM 05:31
腰椎ヘルニア

 

flower19.jpg

 

腰椎ヘルニアで来られたKさん(30代・女性)、レントゲンを撮ると腰椎4番と5番の間が狭くなっていたそうです。

特に朝起きるときにお尻やふくらはぎが痛み、辛そうでした。

 

 

 

 

まず前方に変位した骨盤と背骨の土台である仙骨の傾きをドロップで矯正し、次に頸椎の矯正を行いました。


術後ベッドから起きてもらうと

「軽くなっています」

と、可愛らしい笑顔を見せてくれました。

翌朝、痛みは少し楽になったということです。


その後も腰椎や仙骨に対してポンピングし、腰や座位でのお尻の痛みは無くなりました。

いつも施術終了時には

「来たときよりも楽になっいます」

とおっしゃっていただき、Kさんの笑顔から出るオーラに、感謝と幸せを感じます。


ふくらはぎは徐々に軽くなっていき、3回施術するとデスクワークでの座りっぱなしに1時間もつようになりました。

頸椎も良い状態になり、本日はノーアジャストです。


Kさん、足が痛くてあきらめてたディズニーランド、あともう少しです。頑張ってまいりましょう。

 


日時:2014年10月 6日 PM 06:44
腰椎ヘルニア
flower11.jpg
Yさん(40代・女性)、4年前に腰椎ヘルニアになっており、今回再発してしまいました。
ブロック注射も痛み止めの薬も効かず、手術を薦められていました。
しかし手術せずに回復することを求め、当院に来られました。

右足はお尻から足の甲まで痛みとシビレが有り、親指に力が入りません。
うつ伏せで寝てもらいディアフィールド検査をすると、激痛で膝を曲げることが出来ません。
少し膝を屈曲するだけでも辛いのです。
Yさんの身体に負担のかからないブロックとオーソゴナルのみ行いました。
しかしベッドに仰向けになると、寝ていられないほどの痛みが出るので素早くレッグチェックを行わなければなりません。

初回施術の結果、オーソゴルで首・肩はだいぶ軽くなったとおっしゃっていました。
下肢の痛みは変化が無かったようでしたが、2回目の施術でなんとか立ち止まらずに歩けるようになりました。
そしてちょうど回数券が終わる6回目で、びっこを引かずに歩けるようになり、足の甲やスネの痛みは弱まりました。

施術間隔も少しずつ空けられるようになり、腿から足甲までの痛みもほとんど取れていき
「ストレッチ体操が出来るようになりました」
との言葉も聞けるようになり、頸椎の状態もコンピュータ検査で落ち着いた様子を示し、ノーアジャストが2回続きました。

そして10回の施術を終え、本日は
「坐骨神経痛になる前の状態に戻りました!」
との報告を頂きました。
お仕事や家事などで腰を屈めたり、重い物を持つことが多いと腰が辛くなるようですが、一晩休息を取れば翌日には痛みは取れているそうです。Yさん自身の治癒力で腰痛を改善出来ています。

当初は本当に辛そうで、私も随分考え、自分のレッグチェックを信じてオーソゴナルに挑み、祈るような気持ちで施術してきました。目に見えない力が背中を押してくれている気もしました。
手術の話は後で聞いたことでしたが、幸いオーソゴナルは身体に負担がかからない施術方法なのでYさんには良い結果となりました。
ありがたいことです。

これからもスキャニング、レッグチェックの精度をもっと上げるべく努力してまいります。
今回もありがとうございました。

八千代台カイロプラクティック整体院のHPに戻る
日時:2014年7月18日 PM 08:08
足指からふくらはぎに向かうシビレ

flower10.jpg
Mさん(70代・女性)、立ち上がると足の甲からふくらはぎにかけてシビレが出て、そのうち腿から足の付け根に向かって痛みが走り、歩いては立ち止まり痛みが引いてから歩くことを繰り返していました。
毎週の体操も出来なくなり、何か運動をしなければと、片道30分徒歩で買い物に出かけます。

シビレはお風呂から出た時に一番強く感じられ、夜間寝ているときは一端治まるのですが、トイレに起き上がると同時に足甲からふくらはぎにかけて「シュワシュワシュワ」とチリチリ痛むように襲ってきます。
Mさんは内科、整形、歯科などかかりつけの医師にそれぞれ相談し、足の血管の病気なども考えたのですが、医師らは早急な検査を必要としていない様子でした。

整形では狭窄症を疑っていたようでしたが、なぜか腰のレントゲンを撮らなかったようで、腰椎や椎間板の状態は不明ですが、何かしらの変形が坐骨神経に圧迫を与えていると思われました。
私は骨盤や背骨などの骨格を正すことで神経圧迫を取り除き、血液・リンパの流れなどが改善することを期待しました。

最初のうちは3日間ぐらいの間隔で通ってもらい、足の痛みが全く出ない日もあるようになりました。 
しかしシビレの方は横になっている時は全く出ないのですが、ベッドから起き上がるとすぐに足下からふくらはぎにかけて発症します。
腰椎5番と仙骨、オーソゴナルの施術を続けようやく
「新川を友達と歩いたけど痛くならなかったの」
と、ゆっくりならば随分長い間でも歩けるようになりました。シビレも少し弱まっているようです。

施術間隔を1週間、10日間と空け、その間全く痛みが出ないようになり、2週間に伸ばし
「この1ヶ月間、足は痛くならなかったし、最近はシビレもパァーとこないの!」
と、Mさん。
いつも深刻な顔つきで足の状態を話されるのですが、今日は明るい笑顔で
「びっこを引いて歩かなくて済むのが本当に嬉しい!」
と、おっしゃってました。
「ひとつ良くなって、だんだん全部が良くなっていくみたいね」
と、Mさん。
やっとこの日が訪れて、私も本当に嬉しいです。

シビレも随分弱まってきました。
このまま頑張って続けていきましょう。

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

日時:2014年7月10日 PM 05:15
ふくらはぎや足の痺れと麻痺

flower8.jpg
Tさん(60代・女性)、狭窄症による坐骨神経痛で2年前から両下肢の痛みと痺れでお困りでした。
最も気になるのはふくらはぎから足指にかけての痺れですが、特に足部は感覚が鈍く、足首から両足裏は麻痺している状態です。

初回の施術はオーソゴナルにより、12㎜も短かった左足は両足ともピタリと揃い、左側の首も術後柔らかくなり、これならば大丈夫と確信しました。
Tさんも少し症状が軽くなったのでしょう、安心したのか今までずっと寡黙だったのですが、ベッドから起き上がるとこれまでの経緯を話してくれました。

整形では
「坐骨神経痛は治らないよ」
と言われ、鍼や整体などいろいろな所に行き、それでもなかなか良い効果が表れなかったそうです。
あきらめずにネットで色々な治療院を探し、当院に決めて遠方から車で1時間かけて来られたのです。本当にありがたいことです。

2回目に来院されたTさんは、ご主人から
「身体が真っ直ぐになってるみたいだぞ」
と言ってもらえ、ご自身でも腿の辺りをさすりながら痛みが軽くなったとおっしゃいました。
この日の施術はブロックテクニック中、足裏の痺れが抜けなかったので、骨盤に矯正を加えてみると痺れは弱まりました。続けて施術していけば効果が期待できそうです。

臀部の痛みも骨盤が正しい位置に定着すれば消え去り、その骨盤の歪みは首の骨のズレも起因しているはずです。
本日もオーソゴナル後、固かった左側の首は柔らかくなり、首からのアプローチが加わることで改善されていきました。

次回、来院されるときの状態が楽しみです。

八千代台カイロプラクティック整体院のHPに戻る

日時:2014年6月27日 PM 06:44
常に両足裏がしびれている

flower3.jpg
腰痛で来院されたYさん(50代・女性)。
お尻から太腿をつたって膝までシビレが有ります。
「それと、両足裏がしびれるんです」
と、Yさん。
腿のシビレは右足のみでしたが、足裏は両方とも常時しびれているそうです。

まず坐骨神経痛に応じたブロックテクニックとオーソゴナルを行いました。
2回目に来院すると、足裏のシビレは取れず変化無しということでした。
初回のブロックテクニックによる骨盤矯正では、まだ神経圧迫が取り除けなかったので、仙骨に直接ドロップ矯正を行いました。
すると
「シビレが軽くなっている」
と、Yさん。
そのあとオーソゴナルを行い、施術終了時に状態をうかがうと、シビレはまだ軽くなった状態を維持していました。

次の来院時、お尻から太腿はだいぶ良くなっていると笑顔のYさん。
足裏も常に痺れることは無く、たまに少しだけということです。
今度は良い感触を得られました。
そしてオーソゴナル。
やはりこちらもコンピュータでは「ノーアジャスト」を示していました。下肢長差も無く、首の状態は改善傾向にあるようです。

効果的なカイロプラクティックを行うために、どこがどのように変位しているかを正確に決定することがとても重要で、色々なテクニックを習得することは正しい判断の手助けにもなります。
もっと、もっと、知識や技術の向上に努めていきたいと思います。

日時:2014年5月19日 PM 05:07
くるぶしの痛みが取れた

flower2.jpg
3ヶ月ごとのメンテナンスで来られるAさん(50代・女性)、ヘルニアが良くなっても再発防止と健康管理のため来院されます。
3ヶ月の間、たまに膝が痛い日があったり、足指にシビレが出たことがあった、など気になるところをチェックしています。
このように予防しているので4年間、まだ腰痛・坐骨神経痛の再発はありません。
そして今日はくるぶしの外側が痛いということでした。

「サポーターを買った方が良いでしょうか」
とおっしゃるので、以前オーソゴナルで、くるぶしの痛みが改善された患者様がいらしたことがあったので、今日の施術で痛みを取り去り、サポーターを買わずに済むことを願いました。

膝のドロップ、坐骨神経のポンピングで、膝の違和感、足指のシビレは無くなりました。
あとはオーソゴナルです。
3ヶ月前の前回はノーアジャストでしたが、垣根の剪定で右首が張ってしまった本日は頸椎のバランスが崩れており、オーソゴナル決行です。

パチンと瞬間的に矯正は終わり、首を触ると張っていた右首は7割がた柔らかくなっています。
短かった左足は左右共ピッタリ揃っていました。Aさんに訊ねると
「くるぶし、痛くないです」
とのこと。
良かったです。
施術が終わり、身体を良い状態に戻して帰られました。

頸椎の1番がくるぶしの方まで影響しているなんて驚きです。
オーソゴナルが無かったら、こんなにすぐに結果が出せなかったと思います。
オーソゴナルに「ありがとう!」と、いつも感謝しています。

日時:2014年5月15日 PM 01:49
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

ページの上部へ