八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

整体セカンドヘッダー画像

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

 

flower61.jpg

脊柱管狭窄症、すべり症と診断されたOさん(70代・女性)、術後は来た時よりも痛みが半減し

「楽になったぁ!」

と、満面の笑顔でベッドの周りをスイスイ歩いておられるので、私も

「良かった」

と安心しておりました。

しかし次に来院されると、Oさんの表情は固く、少し機嫌が悪そうです。


 


「5歩も歩いたら、すぐに足が痛くなったわよ!」

と、あの後治療院を出てすぐにまた足が痛くなったというのです。

5歩かどうかは分かりませんが、玄関を出てすぐ痛み出した事は事実です。

院内では元気に歩けていたのに、なぜそんなにすぐ悪化したのか。

検査・矯正に過ちが無いか、もう一度点検しながら慎重にこの日も同様の施術を行いました。

術後、足踏みをしてもらうと、腿裏や膝にまだ痛みが有るようです。


「病院で注射でも打ってもらおうかしら!」

と、少しご立腹のOさん。

しかし私は自分の施術に間違いは無い、これしか無いと自信を持って、結果を待つことにしました。

そして院外ですぐ痛くなったことを疑問に思い、Oさんの靴を見せてもらいました。


足に症状が有る割にヒールの高い靴を履いておられるOさん。その踵は外側が削れ傾いていました。正しい歩き方をしても、これでは症状に響きます。

オシャレなOさんはぺったんこの靴を履きたくなかったようですが、これを改めてもらいました。

そして次に来院されると

「翌日はすごく楽だった!」

と、喜びの声をあげるOさん。

2日間ほど良い状態が続き、少し元に戻っても激痛は起きませんでした。

その後も施術を続け、都内の遠方まで出かけたり、電車に乗るのに走ったり、コンサートや長時間のお食事も楽しめるようになりました。


「まだ半分痛いけど、激痛から解放されて本当に幸せ!」

と、喜ばれるOさん。

「私、先生のために治そうと思うの!先生の情熱のために」

と、あの時あれほどご立腹されていたのに、打って変わった嬉しい言葉に恐縮しました。

仰向けで寝る動作もスムーズになり、改善の兆しが目に見えて分かります。

しかし、まだまだ油断せず頑張って続けてまいりましょう。

 

 

日時:2016年2月15日 PM 05:12
ふくらはぎが痛くて歩けない

 

aIMG_2551.jpg

ぎっくり腰を何度か繰り返しているOさん(30代・男性)、年末にもギクッとやってしまったのですが、いつも何もしなくても治っているので、今回もそのままにして多忙な仕事をこなしていました。

しかしなかなか痛みが取れず元に戻りません。

とうとうふくらはぎまで痛み出しシビレが出て来院されました。

 


臀部は股関節寄りが痛く、夜も寝ていられません。

太腿に症状は無くふくらはぎに痛みが出ています。

患側の骨盤は内方に捻じれているのでこれを矯正し、大腿骨周辺の靭帯を緩め、臀部の症状を抑えていきました。

骨盤矯正後はまだ痛みがあるようで、頸椎矯正テーブルに横になると臀部に痛みが出て辛そうでした。

しかし次に頸椎の矯正を行うと、ベッドから苦痛の表情を見せずに起き上がり、痛みは幾分軽くなった様子です。

オーソゴナルは成功したと、この瞬間に確認できました。

しばらく安静に休んでいるうちにも、頸椎の矯正効果が下方の背骨や骨盤に行き届いているはずです。


最後に再びベッドから立ち上がるとOさんは

「来たときよりも軽くなっています!」

と、確認し

「こんなふうに歩けなかったんですから」

と、おっしゃっていました。

初回でこの位良くなってくれれば安心です。


このあとすぐに仕事に行かれましたが、ふつうの腰痛より容易ならない状態ですので、お時間を作って頑張って続けてみてください。


日時:2016年1月21日 PM 03:54
坐骨神経痛

 

flower59.JPG

年末年始にぎっくり腰で来られた方々も、今週で皆さんほとんど良くなり落ち着いてきました。

すると今度は坐骨神経痛の方が続いて来られるようになりました

 


Oさん(70代・女性)、1年前から狭窄症による下肢の激痛に悩まされていました。

色々な治療院で施術を受け、Oさんのお眼鏡にはかなう先生には出会えず、それどころか治療家に不信感さえ抱いていました。

うちでの施術もすぐには決めかねている様子だったので、ご相談だけ受け、お家での対処法をお教えしました。

「この方法で少しでも楽になったらうちに来てみてください。きちんとした施術をしてもっと良くしていきますから。」

と言うと、翌日早速Oさんから電話があり

「少しでも早い方がいいものね!」

と、やって来られたのです。

2回ほど受けると、椅子からの立ち上がりは1回だけしか痛くなかったとおっしゃっていました。

ブロック矯正すると

「完全じゃないけど半分は痛くないわよ!」

と、スタスタ歩くOさん。このまま頑張って続けていきましょう。


久しぶりに来られたエステシャンのMさん(30代・女性)、最近勤務地が変わり、通勤が大変になったせいか腰を痛め、右足首まで痛み出してしまいました。

腰椎をチェックすると4番が前方に変位しています。これをドロップ矯正し、5番のポンピングとオーソゴナルを行いました。

施術が終わると

「足首、痛くないです!」

と、腰の痛みも全て無くなり帰られました。

明日からのお仕事、また頑張ってください。


Nさん(40代・女性)は背中から腰にかけての張りと手足のシビレで来られました。事故にもあっており様々な不調があります。

2回目の本日は頭が痛いとおっしゃっていましたが、術後は痛みが取れていました。

どんなにたくさんの不調をかかえていても、人間の身体は治そうとする力を持っているので、そのエネルギーが100%流れるようにしてあげれば、元の健康な身体に自分が治していくはずです。

これをサポートするのがカイロプラクティックの役割です。

Nさんの身体がこれからどのように変化していくか、期待を込めて見届けたいと思います。

 

 

日時:2016年1月14日 PM 08:05
激痛・坐骨神経痛

 

aIMG_2527.jpg

寒くなり、突然の腰痛から坐骨神経痛を患って来られる方が増えて来ました。

ぎっくり腰を引き起こし、お尻や足の方も痛いとおっしゃっています。

ヘルニアの方、すべり症の方、梨状筋症候の方と様々ですが、皆さん、ベッドに寝るのもやっとの状態です。

 


Tさん(50代・男性)、ぎっくり腰はこれが3回目でした。

今回は両足共痛みがあります。

腰椎のポンピングとオーソゴナルを行い、術後少し軽くなったかな、という感じで帰られました。

2回目、大腰筋を緩めるため股関節を曲げる動作が出来るようになりました。

頸椎矯正のAOテーブルに寝るときも、腰にこわばりを感じますが激痛は無くなったようです。

この日の施術が終わるとだいぶ普通の生活が出来るようになりました。

あとは前かがみでのシビレや痛みを克服していきたいと思います。


次に来られたFさん(20代・女性)も、両足まで痛みがありました。

Fさんは腰椎が前方へ変位しているのでポンピングは出来ません。

ドロップですべりを戻していきました。

オーソゴナルで瞬時に頸椎を矯正すると

「少し、いいかも・・」

と、言ってベッドから立ち上がりました。

Fさんはメジャーの検出が難しく、手の長さ、磁石での検査も行いました。

直後に少しでも良い変化が表れれば安心ですが、このあとの改善を期待したいと思います。

 

検査が難しい患者様が続いて来られるのは、次の段階に行くための試練のような気がします。

スキャニング、レッグチェックの精度を磨きなさい、ということです。

来年の種まきを、そろそろやらなくては、と思っています。

 

日時:2015年12月 5日 PM 06:06
尻から腿が痺れて寝れない

 

brasil.jpg

お尻から太腿にかけての激痛と痛みで来院されたOさん(30代・男性)、15年前に椎間板が潰れていると言われ、ブロック注射を腰に打ちました。

その時の注射の痛さは相当なものだったそうです。

 

しかし今回は腰に痛みは無く、座位でお尻が圧迫される時や階段を昇る動作で痛みが出ます。

あまりの痛さで椅子に座るのも恐る恐るです。

すぐさま梨状筋の伸張を疑い矯正しましたが、直後に変化は有りませんでした。

しかし帰宅しソファに座ってみると、お尻の痛みは少し軽くなっていたそうです。

その後2回3回と施術しましたが、施術ベッドに横になる時は相変わらず顔をしかめて辛そうです。

4回目に右メジャーでオーソゴナルを行うと

 「さっきより軽くなってる・・」

とベッドから立ち上がり、Oさんの顔が少しほころびました。やっと改善の兆しが表れてきました。


しかしその後お仕事が忙しくなり、前かがみで重い物を持ち上げることが多かったせいか、膝裏まで痛みだし、朝は激痛で起こされるようになってしまいました。

ヘルニアも疑い、そしてこの痛みの原因がY字靭帯にあると突き止め、内方に変位した骨盤を矯正しました。

この歪みを正すよう歩き方などを指導したこともあり

「良くなってきました。言われた通りに歩くようにしたら、痛みが軽くなっていったんです。」

と、ようやく私もOさんも暗黒から抜け出すことが出来ました。

「朝も痛く無かったです。」

と、根本原因を見つけ正しい施術をすれば良くなるということを確信させてくれました。

あともう少しです。頑張っていきましょう。

 

** Sさんから頂いたブラジルの珈琲 **

恋人と将来暮らすであろうブラジルでの生活を見きわめてきたそうです。

不安一杯で渡航されましたが、帰国したSさんの目は希望できらめいてました。

良い処だったのですね。良かったです。


日時:2015年11月17日 PM 07:29
連休前に激痛

 

aIMG_2507.jpg

お盆の連休前、激痛を発した患者様が続けて来院されました。

お休み前に、急性の痛みで駆け込まれることは良くあります。

 

お尻から腿にかけてシビレまであるというFさん(40代・女性)、施術ベッドの上で身体の向きを変えるだけでも顔をしかめてしまいます。

頸椎を矯正するのに施術ベッドのヘッドピースまで這って行き、やっと頭を乗せ、ようやくセッティングが終了すると瞬時に矯正。

「パチン」と、あっという間に終わってしまい

「もう終わり?! ここに寝るまでの方が大変!」

と、苦笑いのFさん。

しかしすぐに立ち上り、痛みを確認してもらうと

「さっきよりも楽になっている!」

と、驚きの表情。

「首も後ろに曲げられる!」

と、首も悪かったのでしょう、しかし動くようになりました。

初回でこれだけ良くなっているので連休はなんとかなりそうです。

休みが明けて本日来院されると、お尻の痛みは無くなっていました。

このまま続ければ更に良くなっていきますので頑張ってください。


その次に来られたEさん(60代・男性)、一足先に車で長旅され、後部座席で丸くなって寝ていたせいか、ぎっくり腰になってしまいました。

Eさんも激痛のためブロックテクニックでやさしく骨盤を矯正しました。

まだ仰向けで寝るのが痛々しい状態でしたが、オーソゴナルでパチンと頸椎を矯正すると、Fさん同様

「軽くなってる!」

と、立ち上がって腰を動かしていました。

この日、2度目の奇跡です。

Eさんは6年前から頸椎症で腕に痛みがあり

「首も治してもらおう!通わせてもらうよ。」

と、おっしゃってくれました。ありがとうございます。

2度目の施術に来られると、腰の方はすっかり良くなり、手摺に掴まることなく椅子の立ち上がりが出来るようになりました。

長年患っている首も良くして行きたいと思います。頑張ってまいりましょう。

 

** 船橋屋の葛餅 **

子供の頃は葛餅が苦手でしたが、こちらの葛餅はモチモチしてて美味しいと思いました。

ネスカフェのオマケで付いてたコーヒーカップにマッチしてます。

 

日時:2015年8月19日 PM 05:52
ご夫婦でカイロプラクティック

 

flower12.jpg

最近は赤ちゃんを連れて、ご夫婦で交互に施術を受けられる患者様が増えています。

 

赤ちゃんもママパパのどちらかと一緒なのでご機嫌が良いです。

 

奥様のKさん(30代・女性)、授乳などあぐらを組むことがあるのでしょう、右足を外側に回旋すると足の付け根が痛みます。

立ち上がる時に激痛が伴うこともあるそうです。

施術を受けると仰向けで腰が楽に寝れるようになり、その後の施術でつま先を外に回転させても股関節が痛まなくなりました。アキレス腱の痛みも軽くなっています。

術後の良い状態を維持するため、もう少し頑張って続けてみましょう。


ご主人の方は過去に事故で2回ムチ打ちになったことがあり、右腕右足にシビレがあります。

奥様の話では、毎日どこか具合が悪いとおっしゃっているそうで、とても辛そうです。

固く動きにくくなった首は少し後ろに曲げるだけで

「ウウ~ッ」

と、うなっています。

ご主人も骨盤から検査してみると、奥様同様右側が後方内方に捻じれていました。

家庭の中で何か同じ捻じれを生じる環境があるのかもしれません。

 

シビレもあり重症と思われていたご主人でしたが、初回の施術で手足のシビレが取れました。

「今は右の腰が張ってるのが気になります」

とのこと。

奥様と同様に骨盤、頸椎の矯正を行い、3回施術すると術後の腰は良くなっていきました。

ご主人もこの状態をキープするため頑張ってまいりましょう。


お二人とも赤ちゃんの抱っこで右手首に無理がかかっているようです。テープも貼っておきました。

痛む右手を使い、優しい眼差しで赤ちゃんを抱きかかえるご主人。

赤ちゃんを抱っこしている男性の姿っていいものです。

赤ちゃんと一緒のどのご夫婦からも幸せオーラが感じられ、温かい気持ちにさせてもらえます。

 

aoshima.jpg

 

** Hさんからの頂き物 **

ご実家のある宮崎のお菓子。

いつもありがとうございます。

 

 


 

日時:2015年8月11日 PM 06:18
お尻から太腿の痛みとシビレ

 

kaya.JPG

坐骨神経痛が改善された患者様、TさんとAさん。

お二人とも40代の女性です。

ちょうど同時期に来院されました。

 

Aさんは今年になって始めたお仕事が前かがみになることが多く、その頃から腰や足の付け根が痛くなりました。

どんどん症状がひどくなり、お尻や太腿、そしてふくらはぎやスネへと、だんだん下の方へと痛みが進み、足指まで突っ張ってしまいました。

足は力が入らずガクッとしたり、車から降りる一歩目でお尻がズキッとします。

お話を聞いてるだけでも辛そうでした。

初回はブロックテクニックとオーソゴナルを行い、術後の様子は少し軽くなったかな、という感じでした。

最初3回の施術は歪みが戻らないように3日前後の間隔で行いたいのですが、6日も空けた2回目は、また辛そうにして来られました。

前かがみから起き上がる時の痛みや足の付け根の痛みなどを特に訴えておられました。

これらは前方に捻じれた骨盤が原因でしたのでドロップで矯正を行いました。


そして3回目。

Aさんは玄関から入って来るなり

「先生、スゴイの!」

とおっしゃったので、どうされたのかと驚いていると

「痛くないの!」

と、キラキラした笑顔で応えてくれました。

お尻やふくらはぎまでの足の痛みは取れ、指の突っ張りも弱まっている様子。

何よりも毎朝起きる時にくる痛みが無い事と、車からの一歩もズキッとしないことを喜んでおられました。

順調すぎるぐらいの回復力で私の方が驚きましたが、神経圧迫を取り除いたAさんの自己治癒力はどんどん発揮されていったのです。

あとは腰や足の付け根に少し違和感が残るので、油断せず頑張ってまいりましょう。

 

そしてTさん。

こちらもお尻と太腿に痛みとシビレがありました。

ヨガをやられているTさんは

「仙骨が痛い」

と、専門的な部位もおっしゃっていました。

Tさんは初回の施術で太腿の痛みが無くなり、仙骨やお尻は時々気になる程度になりました。

施術を続けるうちに良くなっていき、座位からの立ち上がりのみ症状が出ると気づきました。

5回目にスペシャルな施術を行い、本日は

「もう全然痛くないです」

と、落ち着いた様子の笑顔。

両足の長さも左右揃っており、骨盤の状態も良いようです。

この状態を保っていくよう、これからも時々カイロプラクティックで身体を調整していってください。

 

改善されたお二人の、ステキな笑顔の見れたとても良い週末となりました。


日時:2015年7月18日 PM 06:27
腰椎ヘルニア

 

flower44.jpg

5月だというのに夏日が続き、気温の変化が激しくなると、ぎっくり腰や腰椎ヘルニアで来られる患者様が多くなりました。


Kさん(20代・女性)はお仕事で重い商品をケースごと棚にのせるので、腰に負担がかかり、ついに左腰に激痛が出てしまいました。

病院では薬を飲んでれば治ると言われ薬だけもらって帰りましたが、1週間飲み続けても激痛は治まりません。

とうとう太腿まで痛み出し当院にやって来られました。


起立筋、大腰筋は固く張っており、ハイローベッドで起き上がると上半身の重さが腰椎にかかり、Kさんの顔はこわばります。

ドロップの振動すら辛い様子でしたので、身体に負担のかからないブロックテクニックで骨盤を調整しました。

次にAOTを行い頸椎から腰椎・仙骨までの筋・腱膜を動かし神経圧迫を取り除きます。

1回の施術で激痛は全て無くなりませんが、翌日から必ず良い変化が起こるはずです。

 

予想通り、3日後に再び来院されたKさんは

「すごく良くなりました!」

と、明るい笑顔で報告してくれました。

まだ痛みはあるもののピキッという鋭さは無く、左足が上がるようになり、

「薬を飲んでもあんなに痛かったのが無くなって、だいぶ動けるようになりました」

と、喜んでいました。

2回目の施術でジンジンする痛みも少しずつ無くなっていきました。

 

Kさんは都合が悪くなり夜になってしまっても、タクシーを使って何とか施術に来られます

それだけ信用いただけているということが、本当にありがたく思います。

病院からの1週間はとても痛くて辛い1週間だったのでしょう。

その痛みから解放されたことで、うちを信じていただけたのだと思うと、私も気持ちが引き締まります。

来週からのKさんの仕事復帰に向け、頑張っていきたいと思います。


ありがとうございました。

 

日時:2015年5月30日 PM 07:16
ヘルニア・お尻から足の痺れ
jam.JPG

Mさん(40代・女性)、腰からお尻の痛みと、左足全体に痺れも出ていました。

7年前に腰椎椎間板ヘルニアを患い、その時は反対の右側に症状があったのですが、今回は短下肢側に痛みあり、前回よりも状態が良くありません。


短下肢側の腸骨の矯正、そしてブロックでの梨状筋操作を行い、次に頸椎の矯正です。

ヘルニアを患っているほとんどの方が、首が悪いのです。

コンピュータ検査するため検査椅子に腰かけてもらうのですが、固い椅子での座位が患部骨盤やお尻の安定に影響するのか、ふらつきが大きく検査が取れません。

磁石に検査を切り替え、手の長さも参考にし、左側アトラスを陽性としオーソゴナルを行いました。

術後、足の痛みやシビレが弱まり、Mさんに笑顔が戻りました。

付き添われたご主人に

「すっごい楽になった!」

と、言って帰られました。


しかし、翌日まで調子が良かったのですが、また足に痺れが出てきてしまいました。

「左足の甲にも痺れが有ります」

と、Mさん。

後方変位している骨盤と仙骨のドロップ、腰椎5番のポンピングを行いベッドから起きると

「あれっ、痺れてない!」

と床に足先を立てて、足甲・足裏の痺れを確認していました。

そのまま頸椎の検査に入り、この日は痛みが落ち着いたこともあってかコンピュータ検査が可能でした。

しかもその結果は、頸椎が良い状態と判断されていました。前回の矯正がまだ持続しているようです。


3回目に来られると、

「もうほとんど足に痺れは無いです」

とのこと。

しかし仕事に復帰され、前かがみでの作業が多かったために腰が痛くなったそうです。

本日も骨盤の矯正を行うとすぐに腰の痛みは取れた様子。

検査すると頸椎もまだ良い状態を保ち続けていました。

首から神経エネルギーがきちんと流れ、治癒力が高まっているのです。

個人差はあるとはいえ、坐骨神経痛まで発症していたのがメキメキと改善されて本当に良かったです。

 

 

** 写真は3年ぶりに来院された患者様から頂いた手作りのジャム **

紅ほっぺときび砂糖で作ってくださいました。

市販のツンとした甘さはなく、フルーツの爽やかさな甘さが上品でした。

手作りって何でも数段美味しいですね。


日時:2015年4月11日 PM 04:24
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

ページの上部へ