八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月»
股関節から前腿が痛い

 

flower73.jpg

前腿の痛みで来院されたMさん(40代・女性)。

一月前にぎっくり腰になりました。

病院に通い腰は治ったそうですが、足だけ痛みが残っていました。

 


常に鼠蹊部から前腿は痛み、ビリッと鋭い痛みや痒みが出ることもあります。

病院では疝痛と診断されていました。

うちでは自律神経や骨盤の後方変位を整えていく施術を行いました。

しかし3回目まで特に改善された様子は感じられないとおっしゃるMさん。

ただ痒みが無くなったこと、シビレの範囲が狭まったこと、その後の施術でビリッとくるシビレは二日に一回程度に減ったことで

「少しずつ良くなっているのかな?」

と、おっしゃっていました。


そして2週間空けて来院されると

「ほとんど痛みは無くなりました!」

と、ようやく嬉しい報告を聞け、この間京都に行かれてたそうですが、鼠蹊部も痛み無く歩けたということです。

 

Mさんと同じ右足前腿の痛みと、左足坐骨神経痛で来られているWさん(40代・女性)。

こちらもすぐに変化が表れませんでしたが、坐骨神経痛の方は2回ほどで良くなり、前腿は痛みの頻度が減りつつあります。

何れも根の深い長年蓄積された歪みなのかもしれません。

まだ完全ではありませんので、頑張って続けてまいりましょう。

 

2016年6月27日
笑顔が憎めない

 

flower72.jpg

仕事帰りでニッカポッカのままサングラスをかけて入って来られたTさん(50代・男性)、最初は少し怖そうですくみましたが、症状を話す物腰は柔らかくホッとしました。

 

 

慢性の腰痛があったのですが、ついに両足が痺れ出し、3ヶ月前のレントゲンでヘルニアと診断されました。

ずっと病院に通われていましたが良くならず

「こういう所でやってもらわないと治らないのかなと思って・・」

と、カイロプラクティックを受けに来られました。

 

腰椎のポンピングをきっちり行い、

「ヘルニアの方は大抵首も悪いんですよ」

と説明し、コンピュータの検査とレッグチェック、頸椎のスキャニング後、AOを行いました。


施術が終わると

「軽くなりました」

と笑顔で応え、Tさんは次の予約も入れて帰られました。


ところが三日後、無断キャンセル。

あれからどうなったか気になりますが、様子は伺えません。

 

そして一週間後、

「忘れててスミマセン。また痛くなったのでお願いします」

と、Tさんから電話がありました。

キャンセルの連絡が無かったのは困らされましたが、施術後しばらく調子が良かったこと、またうちを頼ってくださったことで私の気分は晴れ、帳消しになりました。


ところが次の予約日も、Tさんは約束の時間に現れませんでした。

わざわざ電話までして予約されたのにまた来ないのかしら、と待っていました。

それから随分時間が経過し、もう来ないだろうと思っていたところに玄関で音がしたので行ってみると、ニッカポッカのTさんが立っていたので驚きました。45分の遅刻です。

 「あれ、そんなに経つかな?」

と、サングラスでニヒルに笑うTさん。

15分後に次の患者様もやって来られ(こちらは正確な時間に)、二人の患者様を少し慌ただしく同時に施術。


Tさんにすっかり振り回されてしまった私ですが、両足のシビレは前回で治まっていると聞き、

「Tさんの治癒力は素晴らしいね」

などと感心しながら褒めると、やっぱりニヒルに笑っていて、その様子がどこか憎めずおかしくなってしまいました。

 

・・それでも、無断キャンセルはダメです!

来れない時は怒ったりしないので、連絡だけは(早めに)くださいね。

 

 

negisen.jpg

**  Nさんから頂いた下仁田のネギせんべい **

ネギと醤油の風味が美味しかったです。

ありがとうございました。

 


 

 

2016年6月18日
足首が伸ばせない

 

flower71.jpg

去年の夏、左足を捻挫したSさん(20代・男性)、激痛で数日間お仕事を休み安静にしていましたが、元に戻らず完全でなかったため年末につまづいて、また靱帯を損傷してしまいました。

 

既に病院での治療を終え、検査では骨も靱帯もきれいにくっついているということですが、数か月経った今でもくるぶしと足首の痛みでびっこをひいて歩いています。

底屈すると足首の前側に激痛が走ります。どの筋肉や靱帯が関与しているのか、付着部の骨がどうなっているのかを考えました。

当院は首や頭痛、腰痛、坐骨神経痛、五十肩や膝痛で来られる方が主で、ケガの後遺症で来られる方は少ないのです。

まずはカイロプラクティックで骨格の歪みを整え足にかかる重心を適切にし、それと共に足部の関節や靱帯を緩めてその日の施術を終えました。


この日の夜、多くの見識と経験ある達人に電話で相談してみました。福島の師です。

「ああ、そういう患者はいっぱいいるよ。こうやって、こうすればいいんだ・・」

と施術方法を教えてくれ、最後に

「それで痛みは取れるよ」

と、おっしゃって電話を切りました。私は「よし、やってみよう!」と奮起しました。


そして2回目の施術。

前回の後、痛みは少し楽になり、うちで続けていくことを決められたSさん。

嬉しかったのですが、まだびっこを引いている足は痛々しく、師に教わった施術も取り入れ早く何とかしてあげたいと思いました。

骨をイメージし、施術シミュレーションを何度も繰り返し、いよいよSさんの足にアプローチしてみました。


そして数日後来院されたSさん。

「もう、ほとんど痛みが取れました!」

という喜びの報告を受け、

「すごい!やっぱり先生(福島の師)ってスゴイ!」

と、私は心の中で何度も先生にお礼を言いました。


カイロプラクティックの効果でお仕事中の腰痛も肩こりも感じなくなったそうです。


いつも色々な人に支えられ、助けられているという喜びをつくづくと感じます。

先生、今回もありがとうございました!


 

ajiro.jpg

 

 

** Aさんから頂いたサクランボ **

山形のサクランボ、毎年ありがとうございます。

甘かったので父が半分食べちゃいました。

美味しかったです。

2016年6月10日
頸椎ヘルニア

 

flower70.jpg

ITクリエイターのYさん(30代・男性)、10年前に頸椎ヘルニアと診断され、それからずっと首に痛みがあります。

数台のパソコンを使って長時間の同じ姿勢、少ない睡眠時間、運動不足など、なかなか痛みが取れないのでしょう。

 


身体中のコリや張り、めまいや手足のシビレと、カルテにチェックが付けられ

「たくさん症状があって本当にスミマセン」

と施術する私を気遣っていましたが、辛いのはYさん本人です。何とかこの状態を回復させなくてはなりません。


Yさんは数ある治療院のホームページを見比べ、当院のアトラス・オーソゴナルに興味を持たれました。

他でもカイロプラクティックを何度か受けられたことがあるYさんは、当院で初めてAOテーブルを目にし、各方向からの矯正角度をセットした機械での矯正に納得し、深く関心されていました。

そして期待通り、3回ほどAOを受けると手と足の甲のシビレは無くなりました。

両足の親指はあと少しというところですが、施術するごとに弱まっています。

たくさん症状があっても全部同じところに原因があり、それを正していけば全て良くなっていくのです。


とは云うものの、これだけ辛い症状を抱え込んでいたので、少し時間がかかるかなと思っていました。

Yさんの明るい性格と自然治癒力のおかげで随分早く良くなられ、実は私が驚いています。


目に見えない力に感謝致します。ありがとうございました。

 



 

2016年6月 3日

ページの上部へ