八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月»
自衛官さんのメンテナンス

 

flower69.jpg

自衛官のKさんが久しぶりに来られました。

前回は茨城水害に派遣されたあとでした。

東北地震の時もそうでしたが、派遣先から戻るとカイロを受けに来られます。


今回は格闘技の訓練中に首を絞められ、のどを痛めてしまいました。

「背骨がきちんとなれば治す力が強まると思って、信頼できる所に来ました」

と、Kさん。

とてもありがたいお言葉に恐縮してしまいました。

確かに治すのは患者様の自然治癒力。私の仕事は100%神経エネルギーが流れていくよう背骨を整えていくだけです。


Kさんはのどの痛み以外にも身体の右側にダメージがありました。

右肩は腕を挙げるたびにコキッと音がして引っかりがあります。

音のする箇所にモビリゼーションすると、スーッと音も無く挙がるようになり、

「肩は断然軽くなった!」

と、喜んでいただけました。

数日前に寝違えた首もAOを行うと左に向けるようになり、首・肩・背中はいつも通りに戻りました。

のどの痛みも早く良くなってほしいと思います。


患者様から「頼られている」という一言をいただくと、気が引き締まる思いです。

いつまでもKさんの信頼に応えられる施術が出来るよう、自分の使命を信じて技術の向上に励んでまいります。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

 

2016年5月27日
足のむくみとO脚

 

flower68.jpg

最近連続して20代の女性がO脚で来られました。

美容の面からも、全身の歪みは若い女性には気になるものです。

 

 

Tさんは階段の昇り降りで膝に痛みも出ていました。

O脚矯正というよりは、膝周りと骨盤の施術です。

数年前にヘルニアで動けなくなったことがあるそうですが、腰痛が治まった現在も、起床時にふくらはぎが攣ることがあるようなので、リンパ操作も行いました。


数分後、

「足があったかい」

と、つま先から太腿まで温かくなり、ふくらはぎの筋肉と膝関節のリンパの滞りが解け、血行が良くなっていきました。

その後階段での膝の痛みは無くなり、あとは指4本分の膝の隙間だけがTさんの悩みとなりました。

そしてひと月施術を続け、真っ直ぐ立ってもらうと隙間が指3本までになりました。

頑張れば更に効果が期待できると思います。

 

Tさんの後に来られたNさんも身体のバランスやO脚を気にされていました。

Nさんも足にむくみがあるのでリンパを行い、骨盤や首も矯正します。

疲れやすいNさんに自律神経を整えるカイロプラクティックは最適です。

初めてのカイロプラクティックに緊張していたNさんでしたが、2回目の今日はたくさんお話をしてくださるようになりました。

 

お二人ともまだ若いので、今から身体を整えていけば、O脚も良くなっていくと思います。

何しろこの私が、カイロプラクティックを受け、姿勢に気を付けているうちに、いつの間にか膝もくっつくようになったのですから。

どの症状にも姿勢は大事です。術後も良い姿勢を意識して、自然と出来るようになっていってください。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

 

2016年5月19日
ノスタルジック

 

kinka.jpg

都内で用事を済ませた後、帰りに神保町に立ち寄ってきました。

学生の頃、就職するまでの半年間、この街にある喫茶店でアルバイトをしたことがあります。


 

何十年ぶりに訪れた地下鉄から上がると神保町交差点。

ちょうどお祭りがあったようで、まさに交差点をお神輿がねり歩いているところでした。

伯剌西爾でコーヒーをいただいてから目的地の喫茶店へと、当時と同じ経路で歩いてみました。

道を忘れてしまい、分からなくなったところもありましたが、錦華公園を頼りにたどり着くと、当時もあった「プリマベーラ」に出会い、うなぎ屋さんも残っていて、小さな宝物を見つけたような気持ちになりました。

そしてバイト先の喫茶店も、この日は定休日でしたが全く変わらずまだ営業していたのです。

2階に続く外階段や周辺の会社が昔のままで懐かしくなりました。

 

当時は今どきのカフェではなく、小綺麗な喫茶店かそれほどオシャレでもない喫茶店が多かったと思います。

私がバイトしていた店は後者の方。

のり気でなかったマスターが、店に飽きてしまった奥さんの代わりに本業の靴屋とかけもちでやっていました。

お客さんにほめてもらえるほどトイレをキレイに掃除する私にマスターは良くしてくれました。

 

この街の店主達は皆、お互いのお店を行き来して、もちつもたれつ仲良しで、お客さんも常連さんばかり。ご近所の会社の偉い人達、銀行員、出版社の方々。

社会人になる前に、大人に許されていた勤務中の長い憩いの時間をよく見せてもらいました。

 

マスターには会えなかったけど、「カランコロン」と入っていけば私を思い出してもらえたでしょうか。

駅周辺のお店はどんどん新しく変わっていくにもかかわらず、都内にしては珍しく変遷のない街の風景をありがたく思いました。

 

hilltop.jpg

** 写真の坂を登りきったところにある山の上ホテル **

バイト先で歩いた坂道。

この坂を下って小道に入りこんだ所に喫茶店はあります。


首こり・腰痛は八千代台カイロプラクティック整体院

2016年5月11日

ページの上部へ