八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月»
梅雨時の体調不良

Hさん(50代・女性)は手話通訳のお仕事をされていて、2年前から当院をご利用されている患者様です。
メンテナンスで久しぶりに来られたこの日は、首から肩にかけて鉄板のように固く、左側の頭頂部から後頭骨に痛みがありました。
HさんはこれまでタイプⅠの骨盤矯正でこれらの症状を改善されてきたのですが、これからはオーソゴナルの施術も行っていきます。
術後、腰痛と左側の頭痛は取れた様子でしたが、肩甲骨上部がまだスッキリしない様子でした。

3日後、オーソゴナルのみの施術を行いました。
この日は首を後ろに曲げると左肩甲骨の痛みがあり、前回最も辛かった頭痛は消えていました。

3回目の施術は、前回から等間隔あけてのオーソゴナルです。
この日はコンピュータ検査により、ノーアジャスト。
今回までの間、Hさんには症状の変化は感じられないようですが、上部頸椎は良い状態を高めていこうとしています。

しかしこの後、Hさんにとてもハードなスケジュールが組まれてました。
争議に立ち会うお仕事があり、手話で質問し、それを通訳し、その記録を取らなければならないのです。
「左の首から肩甲骨までビリビリしてます」
と、Hさん。
6時間ずっと働き詰めで、案の定首から肩がパンパンになっていました。

施術はいつもの骨盤矯正とオーソゴナルです。
今日はノーアジャストというわけにはいきませんでした。
座りっぱなりが長かったせいか、お尻にも少し痛みが出ることがあります。
しかし、術後は首から肩甲骨にかけて痛みが軽くなりました。
「今、痛いところは無いですか?」
と、お聞きすると暫く考えてから
「・・ないですね!」
と、Hさん。

ひとまず安心しましたが、雨が降る前に元々抱えていためまいやふらつきの症状が出やすくなるとのこと。
AOTで、これらの自律神経系の症状改善を見守っていきたいと思います。
lily.jpg

** 写真は我が家のユリ **

治療院に持ってきて花瓶に飾ると、庭で咲いてる時よりキレイです。
患者様が造花と間違えるほどショッキングピンクが際立ちます。

治療院を良い香りにしてくれるので大好きです。

八千代市のカイロプラクティックは八千代台カイロプラクティック整体院

2013年6月27日
首から肩甲骨が痛いです

Oさん(20代・女性)、メンテナンスで来られる患者様です。
2ヶ月ぶりに来院されました。

最近は2つの仕事をかけ持ち、ひとつは背伸びをして重い物を持ち上げる仕事と(首から両腕にかけての痛みと腰痛)、マッサージのお仕事(腰痛)で、身体はボロボロに疲れていました。
どちらのお仕事も忙しさで休みが減り、身体が痛くてもなかなか来院できずにいました。

いつも通りの施術に加え、Oさんは今回から初めてオーソゴナルも行います。
頸椎から関与している肩甲骨の周辺の症状は特に期待できます。

「怖そうな施術ベッドだなぁ」と、少し不安そうなOさんの手のひらにアジャストの器具を当てて「パチン」とはじいてみせました。
「このぐらいの接触だから痛くないでしょ?」
と、極めて小さい力で矯正することをOさんに確認させると、安心してニッコリ笑ってくれました。

Oさんの首から上の写真を撮り、その画像データをパソコンに送り、首と頭蓋骨の歪みを分析させます。
算出された矯正角度を施術器具にセットし、頭蓋骨下の首の骨の1番に「パチン」と弾くほどの弱い力で矯正します。

矯正後のOさん。
グリッドを見てみると短かった右足は1㎝伸びて左足より長くなりました。とても良い状態です。
これを確認できただけで、私は嬉しくてこのあとのお昼御飯が美味しく食べれます。

ベッドから起きてもらうと
「首すじの痛みは無くなりました」
と、Oさん。
「パチン」だけで痛みが消えたことに、Oさんも驚かれた様子です。
しばらく経ってから良くなる方もいらっしゃいますが、Oさんはすぐに結果が表れて本当に良かったです。

首の良い状態が続いている時は矯正する必要がありませんが、いつ戻ってしまうかこまめに観察する必要があります。
いつもはひと月ごとにメンテナンスに来られるOさんですが、進んで近日中に首のチェックのため予約を取られました。
このように首の状態を管理していくことがとても大事です。

satonishiki.jpg
** 写真は脊柱管狭窄症の患者様から頂いた佐藤錦 **

こちらの患者様はオーソゴナルを始めてから深層部の腰痛が取れてきました。
良くなってくれて本当に嬉しいです。
佐藤錦も美味しくて、ダブルでありがとうございます!

八千代市のカイロプラクティックは八千代台カイロプラクティック整体院

2013年6月19日
ヘルニアとオーソゴナル

Tさん(30代・女性)、学生さんのような若い女性。
最初の来院はゴールデンウィーク明けでした。
長期休暇前に仕事を片付けねばならないので、ゴールデンウィーク前が一番身体がきつかったそうです。

Tさんは右側の臀部から腿にかけてのシビレと痛みで来院されました。
半年前から夜勤で派遣の仕事を始め、毎日の仕事では10㎏ほどの荷物を頭上近くの棚に持ち上げることも多々あり、初めてこのような痛みを経験したそうです。

初回の施術後はベッドから降りるやスタスタ歩いて
「今日、仕事に行けるかも!」
と喜んでいました。
「まだ仕事には行かない方がいいんだけどね・・」
と言い、この様子を見届け私も安心していました。

しかし2日後、Tさんは自宅で休んでいる際、立ち上がる時に腰に激痛が走り、再び駆け込むように来院されました。
うつ伏せで寝ることもやっとで、咳をすると悲鳴をあげるほどの痛みが襲ってきます。
あまりの痛さに顔は青ざめ、冷や汗をかき、寒気で熱もある様子です。
せっかく来ていただいたのに、ブロックを骨盤下にセットすることなどとても出来ませんでした。
この日は何も出来ず、お近くだったのでご自宅までお送りし、激痛が落ち着いてから施術をすることにしました。
あの様子から私はヘルニアだと思いました。髄核が出ているかもしれません。

それから1週間経ち、Tさんは杖をついて再び来院されました。
この間、Tさんは病院でレントゲンを撮り、結果ヘルニアにはなっていなかったそうです。
あの凄まじく辛い様子からは信じられませんでした。

Tさんは派遣のお仕事上、なんとかひと月以内で職場に復帰しなくてはなりません。
ヘルニアでないと診断されても、薬が無ければ痛みで寝る事も出来ません。
薬の効いているうちに骨盤の施術を行っていきました。

そして5月下旬、ようやく当院にAOTベッドが導入され、この初日にTさんに来てもらいました。
骨盤矯正とAOT併用での早期改善を期待していました。
この日、Tさんはこれまでの施術でようやく杖を突かずに来院されました。
この様子だけでもとても嬉しく思えたのですが、AOTを始めてからの施術で一番印象的だったのがベッドから降り立ち
「ピキッってならない!」
と、右の骨盤の安定をTさんが歩きながら確認されたことです。
AOT後は更に改善された様子を毎回伝えてくれました。

そして最初の来院からひと月経ち、Tさんは職場に復帰されました。
通勤には長い歩道橋の上り下りが往復ありますが、これは無事クリアー。
まだ重い物は持たないようなお仕事でスタートですが、なんとか2日出社できたことの報告を受けました。
本当に嬉しかったです。
しかしまだ完全では無い事と、お仕事による腰への負担が多いことから施術は続けていく必要があります。

ひと月であの悪夢のような激痛から解放されたのが早いかどうか、私には早い方ではないかと思えます。
振り返ると、あと数週間でAOTベッドが入るというタイミングで、カイロの神様に様々な事を試された気がしてなりません。
今回は「合格」の光が入ってくれたと信じてます。

これからも、神様が「もう、いいよ」と言うまで努力していかないといけません。

八千代市のカイロプラクティックは八千代台カイロプラクティック整体院

整体・カイロプラクティックを学びませんか JN整体スクール

2013年6月12日
若きゴルファーの腰痛

Mさん(20代・男性)、ぎっくり腰で来院されました。
お仕事で毎日車を3時間は運転するとおっしゃってましたが
「最近、ゴルフの練習を再開したので・・」
と、学生の頃からゴルフをやっている様子でした。

セドリックを買う青年といい
「最近の26歳は(趣味が)シブイなぁ」
と感心していると、なんとMさんはプロを目指しており、試合にもキャディとしてプロ選手につき、テレビにちょこっと映ったことがあるそうです(シブイどころでなく本物でした)。

そのMさんのぎっくり腰は、股関節が屈曲できないほど痛かったのですが、2回の施術でだいぶ落ち着きました。
3回目の施術はAOTだけ行いました。
術後ベッドから起き上がると
「(腰が)軽くなりました!」
と、笑顔のMさん。
しかしこのときいったん軽くなった腰は、翌朝また右脇に不快な違和感を感じてしまいました。

骨盤はタイプⅠの矯正に変化し、そのあと引き続きAOTも行いました。
AOT後はベッドの周りを歩きながら更に腰の状態が良くなっていると確認するMさん。

そして本日の施術。
腰痛が改善し、ゴルフの練習を7時間ほど行ったせいか、痛みと言うより腰が張ってるとおっしゃってました。
日常ではほとんど痛みを感じないようで施術も終盤を迎えそうです。

Mさんはほぼ毎日練習をしているということなので、プロはMさん以上に相当打ちっぱなしをしているのでしょう。
中には腰痛でティーにボールを乗せれずキャディさんにやってもらう人もいるそうです。
そんな状態では試合で良い成績は上げれそうにないと思いました。
Mさんもそれが心配なようです。
ranunculus2.jpg
すると、
「治療が終わっても、ずっと通いたいんですけど・・」
と、Mさん。
プロゴルファーとしての身体の管理に当院を選んでくださったのです。
本当にありがたく思いました。

「こちらこそ、光栄です!」
Mさんのプロへの夢と身体の管理に全力で協力したいと思います!

八千代市のカイロプラクティックは八千代台カイロプラクティック整体院

2013年6月 6日

ページの上部へ