八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2011年6月 | メイン | 2011年9月»
起き上がるとグルグルめまいがする

丸の内2.jpg何年も「突発性めまい症」に悩まされていたHさん(50代・女性)は当院で改善され、今はメンテナンスで来られています。

2ヶ月ぶりにやってきたHさんは、2週間ほど前に寝違えたせいか首が回りにくいということと、更にまたもや「めまい」が発症したとのことでした。
しかも今回のめまいはこれまでとは違い、寝た状態から起き上がる時や、椅子から立ち上がるときに必ず起こるということでした。これも2週間前から毎日ずっと続いているのだそうです。
立ちくらみに似ているのですが、毎日この動作で必ずめまいが発症するのは健全とは言えません。
血圧や生活の著しい変化など、原因らしきものに思い当たることが無いそうです。
この日は検査通りのJNブロックと解放テクニックなどを行いました。これまで通りの施術です。
首は楽になったようですが、施術後ベッドから起き上がってもらうと、やはりめまいが起こってしまいました。
2回目の施術はそれから1週間後となりました。
Hさんはその間、病院での薬を飲んでいましたが、何も変わることなくめまいが続いていました。
血圧が正常値だとおっしゃっていましたが、起き上がってすぐ計測したのではないので、この状態での血圧は低い値かもしれません。
いつもの施術のほかに血圧に作用するJNTと、この日の検査よりR1ブロックを行いました。
前回は施術後にまだめまいがありましたが、今回は果たしてベッドから起き上がる時にめまいが無くなっているでしょうか。
期待しながら、臥位から起き上がってもらいました。
しばらく無言のままじっと様子を確認していたHさん。すると
「・・・(めまいが)無いです。」
身体を起こすとどんな時でも必ず起こるめまいが、ベッドから立ち上がってもらっても大丈夫でした。
これで一安心、良かったです。
7月に入り暑い日が続いた頃から、めまいの症状を訴える患者様が来院されるようになりました。
お薬で改善が見られない症状が、カイロプラクティックで効果を出すことが出来るのだと、施術している私が改めて実感させられている毎日です。
2011年7月29日
頚椎ヘルニアによる手のしびれ

レントゲン.jpg

Oさん(40代・男性)は2ヶ月前に病院で頚椎ヘルニアと診断されました。写真はその時の画像です。真ん中の縦に通っている白いライン(神経)の中央左側の黒くへこんでいる部分がヘルニアです。病院では薬をもらっただけで、シビレはなかなか改善されませんでした。
大柄で恰幅の良いOさんは2年前に腰もヘルニアの手術をしています。現在、腰の痛みは無いそうですが、首から腕、指にかけてのシビレでお困りのようでした。
初回、首にかけての施術と骨盤矯正ブロック。
常にしびれていた腕が、前方と後方に向ける時だけになり、真下に腕をぶら下げてもしびれなくなりました。しかし指はまだシビレがあります。
初回で少し治まったことに安心したのですが、2回目3回目の施術ではご本人に効果が実感されませんでした。
「キーボードに向かって腕を伸ばしていると、振動があるみたいにしびれるんです」
と、辛そうなOさん。
4番と5番の間の椎間板がへっこむことをイメージして、汗をかきながらのSS。
「どうですか。」
と尋ねると、Oさんはいつも胸の前に肘を運ぶとシビレが出るのですが、それ以外にもいろいろな方向に腕を曲げ伸ばしして確認し
「・・・しびれてないぞ」
と、不思議そうにボソリ。
(この瞬間多分私の方が、Oさんの数倍嬉しかったはずです。)
「指だけ、まだシビレが残っている」
と言うOさんの、手首に今度はアプローチ。
すると
「人差指は(シビレが)消えた」
と指を動かしながら、神妙そうなOさん。
だんだん期待が高まってきました。
本日で4回施術しましたが、あとは親指のみです。
全てのシビレを取り除き、必ず笑顔で帰って行かれるように、頑張っていきたいと思います。
2011年7月21日
患者様のお声を頂戴いたしました

めまいや首・背中の痛みで悩んでおられた患者様の症状が改善し、喜びのお声をいただきました。

こちらの患者様はお子さんの子育てを終え、毎日福祉のお仕事をされています。
家事を怠ることなく、資料を集めたり、講義をされたりと、緊張感のあるお仕事もやりこなしていました。
メンタル的な症状は、解放テクニックによる効果が大きいと思われます。
このようなお声をいただき、患者様のお気持ちを知らされると、嬉しさと感謝の思いが入り混じりありがたい気持ちでいっぱいです。
患者様との時間を振り返り、反省すべき点はきちんと改善し、より一層多くの方の健康に貢献できるように努めたいと思います。
ありがとうございました。
2011年7月16日
絶対、元気になってほしい少女

有栖川公園.jpgWさん(20代・女性)は顎関節の症状で他の整体院に1年ほど通われていました。

毎回、首や背中の骨をボキッと矯正し、顎の痛みは無くなったのですが、これまでに無かった症状が直後に出始めたそうです。
背中や首、目が痛みだし、ボキッとやった直後は痛みが取れるのですが、すぐに再発しては通うことを繰り返していました。
カルテの症状はチェックがたくさん付いていて、呼吸困難、難聴、めまい、吐き気など、かなり厳しい状態です。
因果関係は分かりませんが、ご本人は
「カイロで壊れた身体はカイロじゃないと治らないと思って・・・。」
と、当院に来られました。
眠れないほどの首と背中の痛み。
首の骨の矯正とシコリのように硬い背中の筋肉を緩めると、首は前後左右動せるようになりました。
背中はローテーションなどで楽になり、痛みのせいで眠れないことは無くなりました。
再発しないように普段の姿勢を気をつけてもらえば、筋骨格系の痛みは大丈夫でしょう。
あとは、Wさんを見たときから気になっている自律神経系の症状。
眼科では異常なしと診断された目の痛みは、頭蓋リズムの正常化も必要だと思われます。
本日で4回施術してきました。
最近のセミナーで学んだテクニックを駆使しての効果に期待し、頑張りたいと思います。
2011年7月12日
偏頭痛の患者様

Mさん(40代・男性)はひどい頭痛と首の痛みで、これまでに都内の有名なカイロプラクティックを10回以上受けられたのですが、1週間ほどで症状が再発することを繰り返し、通うことが困難になり当院にいらっしゃいました。

子供の頃から頭痛に悩まされ、運転も困難なほどチカチカする光が30分ぐらい見え出すと、しだいに激しい頭痛が襲ってくるのだそうです。脳神経科では脳に異常は無く偏頭痛と診断されました。首も後ろに曲げられず、辛そうでした。
「ボキボキするカイロはたくさん受けたから、入んなくてヘタなのは分かるんですよ」
と言うMさん。
カイロのベテラン患者さんで、恐れることなく力がきちんと抜けた状態で矯正を待っています。大柄なこともあり、安心して思い切りよくサービカルブレイクを行うと
「今のは入った」
と、Mさん。
全ての施術を終えると、Mさんの方から
「ずいぶん楽。すっきりしてる。来た時よりも目が大きくなってるでしょ?」
と、私に聞き返してきました。
通い慣れた有名な治療院と比較されることに緊張しましたが、
「俺はボキボキやるよりも、こっちの方がいいなぁ。楽になってるし」
と、おっしゃっていただけたので良かったです。
パソコンからの眼精疲労が著しく、胃を悪くするほど頭痛薬に頼りきっています。
3回ほど施術してきましたが、初回からずっと行っているR1ブロックが効き頭痛が軽くなり、薬が切れる時間になってもがまんできるようになりました。
夜間に何度も起きなくなり、首も痛むことなく後ろに回すことができます。
首の付け根もチクチクと針が刺さるような痛みがあったのですが、これもほとんど出なくなりました。全て改善に向かっています。
最初は本当に辛そうで、次回の予約まで我慢できなかったらすぐ電話するとおっしゃっていたMさんでしたが、緊急連絡もなく普通通りのローテーションで済んでいます。
ここまでくれば大丈夫でしょう。

s-P1000912.jpg

JN整体のおかげで有名治療院に引けを取らずにすみました。
この技術を習っていて本当に良かったと思います。感謝してます。

 

2011年7月 7日
頑張る美人看護師さん

アーチ.jpg

Iさん(30代・女性)は看護師のお仕事をされています。
疲労・倦怠感・腰痛・肩こり・生理痛・・・と、たくさんの症状を抱えて来られました。お聞きしてみると夜勤は月に7回もあるのだそうです。
入院患者さんは圧倒的に高齢の方が多く、オムツを取替える仕事がほとんど。これが腰を痛める原因のようです。
初回の施術で肩こりなど、身体が楽になったという感想をいただき、しだいに生理痛が軽くなった、頭痛はOK、と徐々に改善の方向に向かっていきました。
同僚のSさんにも当院をご紹介してくださり、一緒に施術を行いました。お二人とも、やはり腰痛が一番辛いようです。
夜勤7回。月に7回も徹夜したらフラフラで、私はとても仕事など出来ないでしょう。
いつも力なくIさんは入って来られます。お休みは家で寝ているのが精一杯、どこにも出かける元気など残っていません。
せっかくの美人が疲れた表情で、外にも出ずに引きこもっているなんてもったいない!Iさん希望のスポーツクラブぐらい行けるようにしてあげなくては!と思いました。
お二人が
「腰痛は無いです!」
と言い出してから間もなく、Sさんが卒業しSさんより3回ほど多い回数で、ついにIさんも検査が陰性となりました。
「そういえば最近、足のむくみもそれほど感じない」
と、Iさん。立ち通しの看護師さん達に、リンパは毎回行っていましたから。
これでIさんに会えなくなると思うと寂しくなり、最後は長話をしてしまいましたが、病院のハードワークは侮れません。
余った回数券でメンテナンスに必ずお越し下さいね。
2011年7月 1日

ページの上部へ