八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月»
アトピーが改善するには

Fさん(30代・女性)から最初にお電話を受けたとき、とても熱心に施術についてご相談を受けたことを覚えています。施術方法、施術計画もきちんと立てた上で来院されました。

カルテの症状欄は肩こりから不眠症、自律神経失調と、ほとんどチェックが付いていて、主訴は"自分で感じる骨盤のゆがみを治したい"ということでしたが、遠慮がちに
「カイロプラクティックはアトピーにも効果があると聞いたので・・・」
と、一番辛かったのはアトピーによる皮膚の痛みのようでした。
15年前にバセドウ病のため甲状腺を手術し、その影響か一端アトピーが完治したのに、4歳になるお子さんが生まれたころから再発してしまったのです。
Fさんには解放テクニックが必要であろうと思いましたので、
「直接、素肌に手を触れて施術しますが抵抗は無いですか?」
とお聞きし、了解を得て行いました。
このテクニックで、長年のふらつき・めまいを克服された患者様がいらっしゃり、私にとっては筋・骨格系よりも難しい症状だと思っていたので、改善されたときにはこのテクニックの手ごたえと喜びを感じました。これはFさんにも必要な施術だと思いました。
主に自律神経系や胸郭拡張などのJNTとブロックを行い、R2ブロックを1回行うと、腰の痛みが出なくなり、
「走ってみると、骨盤のバランスが良くなったのがわかるんです」
とのこと。
しかしアトピーの方は病院の薬でもなかなか効果が得られず
「どんどんひどくなって、もしかしたらアトピーじゃないのかもしれない・・・」
と不安そうでした。
まだ2回しか施術していませんが、アトピーが改善されるかジッと辛抱の時でした。
本日4回目。
Fさんの顔や首を見るとアトピーの赤みが少なくなり、炎症が終わりつつある色素の沈着は残るものの、元の肌の色が見えてきています。
「肌の赤みが少し消えてきましたよ」
と言うと、Fさんも実感していたようです。
めまい、肩こり、腰痛は無くなり
「カイロプラクティックって怖かったんですけど、良かったです」
と、嬉しそう。
Fさんはアトピー克服のため熱心に色々なことを質問し、前向きに心も身体も改善するように頑張っています。心と身体はつながっていますからね。Fさん自身、とても努力しているのです。
きっと次回お会いするときは、もっとアトピーが改善されていると思っています。
2011年5月31日
花がたくさん咲く季節

畑の花2.jpg数ヶ月おきにメンテナンスで来られるIさん(60代・女性)。

私の母の世代よりずっとお若いのですが、お料理が上手でファッションセンスの良いIさんは、色々なことをやんわりと教えてくれて頼りになる、母であってほしいと思えるような女性です。
いつも休日にお孫さん達がやって来てお嬢さん達の代わりに世話をすると、やがて腰が痛み出し
「早くカイロに行きたい」
と思いながら、数日間チビッコたちの面倒を見るのだそうです。
そしてお孫さん達が帰られると当院に来られて施術をし、腰を元に戻して行かれます。
ゴールデンウィークも終わり
「そろそろIさん、疲れているんじゃないかしら・・・」
と思っていると、やはりIさんから電話がかかってきました。
いつものように腰痛と肩こりが辛そうです。
数ヶ月ぶりの検査をし、いつも通りに施術を行いベッドから起き上がってもらいました。
いつもなら腰に手を当てて
「うん、痛くない」
と、ニッコリと確認されるのですが、今日は少し無言の後
「・・・まだ、ここが気になるカンジ」
と、腰をおさえています。
術後の検査は陰性なので様子をみてもらい、2日後にまた来てもらうことにしました。
Iさんはこのあと美容院での座り通し、大きな犬の散歩、翌日は電車でお出かけというスケジュールで、少し心配になってきました。
ところが次に来院されると
「あれから全然痛くなくって大丈夫よ!私って自然治癒力がスゴイのかしら!?」
と、元気にやって来られたのでホッとしました。
検査も陰性。Iさんの自然治癒力は確かにスゴイです!
この日は翌日がお休みになるので、当院に活けてあるシャクヤクと小さな白い花(写真の花)をIさんにあげることにしました。どちらも我家の庭に咲いていた花です。
Iさんは玄関に入ってきた時から、きらびやかなシャクヤクよりも脇役の小さな花の方に目が行ったようです。
赤いシャクヤクの横に添えると黒い芯と白い花びらが際立ちます。私も名前の知らないこの花が気に入ってました。
Iさんは趣味でドライフラワーを作ります。フラワーショップでガラスケースに入ったドライフラワーを見た事がありますけど、とてもステキで高価な物です。これを自分で作れるのだから羨ましいです。
Iさんはシャクヤクと小さな花を手にして
「これを作ったら持ってきてあげるね!」
と、とても喜んで帰られました。腰痛のことなど全く忘れてた様子で。それだけ女性にとって、お花のパワーってすごいんですね。
男性の皆さん、女性のご機嫌を取るときには、お花は一番簡単なツールだと思いますよ。
どうぞ、ご参考に。
2011年5月23日
大阪から帰って。

Sさん(50代・男性)から1年ぶりに電話がありました。

ご家族は皆さんSさんのご紹介で当院に通われたことがあり、本当にありがたく思います。最近は高校生のお嬢さんが肩こりを1回で改善されました。
Sさんは今回の震災後大阪に転勤となり、このGWにご家族のもとに帰ってこられたのでした。
関東の節電・自粛の雰囲気とは違い、大阪は明るく活気があり別世界なのだそうです。
大阪は北浜、訪れたことはありませんが、東京兜町のような金融街でゴシック様式の古い建造物が多く立ち並ぶおしゃれな街だということです。
「そんなステキな街、お嬢さんに紹介しながら一緒に歩いてみたいでしょう?」
とお聞きすると
「そうだね~」
と、少し微笑むSさん。背が高くセンスの良いSさんなので決してパパとのデートをお嬢さんは嫌がらないと思います。
さて、Sさんは今回首を痛めて来院されたのですが、以前セミナーで学んだテクニックで首は左右痛むことなく動かせるようになり、GW中にもう1回予約を取られていきました。
2回目に来られた時は首ではなく、足の付け根が痛むとのことでした。歩くと股関節が引きつれるそうです。
こちらもセミナーで学んだ股間節のオステオパシーで、突っ張る感じが取れました。
現在奥様も通院中で、ご家族全員に同じ頭蓋骨調整をしてきましたが、施術後は皆さん
「鼻が通ってきました」
と同じことをおっしゃいます。
全員が同じように右肩が上がっていて、同じ施術をすると、同じような感想を言われます。
Sさんのお家ではこれが笑い話になっているそうです。
「なんか大阪に行ってから、優しくなってね」
と、奥様のことを話すSさん。
地震があって、どこのご家庭も家族への思いやりや絆がより深くなったと思います。
畑の花.jpg
Sさんから大阪のお好み焼きで「ネギ焼き」が美味しいと伺いました。
牛スジ煮込みに九条ネギ、コンニャク、気の利いたところではジャガイモも入っている、私が一番好きなお好み焼きです(東京では「スジ焼き」というかも)。大阪では安い値段でこれがいただけるのです。
私もゴシック建築巡りをしながら、本場のお好み焼きを食べてみたいなぁと、うらやましく思いました。
一度は大阪に行ってみたいと思います。
2011年5月10日

ページの上部へ