八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

月別記事リスト

整体セカンドヘッダー画像

八千代台の整体の業務を月ごとにご紹介

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月»
被災地から
平日は必ず毎日どこかの時間で停電する八千代台ですが、昨日は久しぶりに平日停電が行われないと知らされていたせいか、朝から急にご予約が入りだしました。
そこへ自衛官のKさん(30代・男性)から2年ぶりにお電話がありました。
Kさんは福島の被災地から帰ってきてすぐ駅から電話をくれたようで、ちょうどこの時しか空きがなかったので、家にも寄らずそのまま来ていただくことになりました。
半年前から、起床時に腰の痛みを感じていたそうです。
そしてこの地震で被災地に行かれました。
そういえば3月下旬に北海道に移動することになっていた患者様一家もいらっしゃいましたが、一端部隊を移してから、やはりご主人は被災地に向かわれたかもしれません。
消防、警察、自衛隊とそれぞれのポジションで救助活動を行い、消防から自衛隊の車を貸してほしいと言われれば、出してあげたりとお互い協力し合うのだそうです。
Kさんは一人暮らしの高齢者の方などが家に取り残されていないか、一軒ずつ足を運び避難させたりしていたのですが、逆に被災地の方に「頑張ってください」と、声をかけられたそうです。
さてKさんの腰痛ですが、骨盤の体重を受けている関節に問題がありました。検査で腕に力が入らないと
「いつもこれが不思議なんだよなぁ」
と筋肉隆々のKさんが、なんでだろうという顔をします。
骨盤矯正後、ベッドから起き上がるときに痛みが出るか確認してもらいました。いつもは寝てる体勢から起き上がると痛くなるのです。いつものように起きてもらうと
「痛くない・・・」
立ち上がり、腰を動かして確認しているので
「大丈夫ですか?」
とお聞きすると、コクンと頷くKさん。
2日後にはまた被災地に戻られます。とても過酷な状況だと思います。おそらくこの八千代台に着いた時、世界のあまりの違いを感じ、この街の平和に安堵したことと思います。
日本を救うために命がけで頑張ってくださって、本当にありがとうございます。
2011年3月30日
お尻から太ももの痛み

お尻から太ももにかけて痛みが走るということで、Sさん(50代・女性)から電話を受けました。

ご主人とお母様も、以前来院されたことがあるご近所の患者さまです。
計画停電までに施術を無事終わらせるべく急いで来ていただき、早速検査に入ると背骨のゆがみは一目瞭然でした。
右肩は上がり、次いで右の背中、左の腰は隆起しています。中学生頃から側湾が目立つようになったということでした。
R3ブロック中、マニュプレーションするとSさんは
「楽になってます」
と、先ほどまで硬かった背中が柔らかくなっていることを確認しました。
施術が終わると、足を上げながら
「さっきよりも軽くなってる」
とおっしゃったので、最後は少し停電時間に押してしまいましたが、私も安心してお見送りできました。
ところが、2回目に来ていただいたとき様子をうかがうと
「あれから終わってすぐは良かったけど、家まで歩いたら痛くなり出して1時間ぐらいずっと痛かったの。ねじれているのが戻るひねりなのかしら?」
とのこと。
再度R3ブロックを確認。
真逆の方法では検査がパスしないこと、ブロック中の肩甲骨周辺の筋肉の緩みから、やはり前回と同じ方法を決断して施術しました。
術後にきちんと歩けるか足踏みを見届けて、次回の来院を待つことに。
そして本日3回目。
「今回はどうでしたか」
とお聞きすると
「今度は全然痛くならなかったんです。今も、どこも痛くなくて」
お尻から足の痛みは無くなったようです。
「私、痛くなくても続けていこうと思うんです。腰が曲がったらいやだもん」
とSさん。
まだ検査は陽性なので、続けていただかなくてはならないのですが、とにかく今度こそ一安心。
側湾が著しく施術して痛みが増したと思いきや、たった2回で痛みが消えたりと、患者さまの症状はそれぞれで良い経験をさせていただきます。
いつもカイロプラクティックの神様に見守られているのかもしれません。
2011年3月23日
停電の中、営業して・・・

本日は2度目の計画停電。

昨日の停電は夜7時頃から始まりました。30分くらい前に開始の連絡が防災放送で街に流れていたようですが、窓を開けないと聞こえず、外に出ても何を言っているか聞き取りにくいのです。なので昨日は停電になることに気付かず施術を行い、ちょうど終わる頃に突然「バタッ」と音も明かりも消え、真っ暗闇になりました。
かなりびっくりしました。街灯も全て消えて外を走る車のヘッドライトを頼りに部屋の中を移動しました。
私は治療院の懐中電灯を地震後すぐに自宅に持ち帰ったので、そういえばまだ店に持ってきていなかったことに、この時気付きました。困っていると元自衛官の患者さまが頭にかぶるゴムのついた懐中電灯を持っていて(さすがっ)、なんとか身支度をして一緒に店を出ることにしました。懐中電灯を持った患者さまが来てくれるなんて、なんてラッキーなんでしょう!
街灯も信号でさえも消えたお巡りさんもいない交差点は少し不気味で、普段より静かで暗い街は不安な気持ちになりました。
そして悲劇が!患者様が停めたコインパーキングも停電で車が出せなくなってしまったのです。
このことは車でお越しの患者様には予め伝えておかなければいけません。以後、注意します。
今日も2度目の停電が4時頃からありました。この時間帯でないと都合がつかない患者さまがいらっしゃって、暖房の無い中施術しましたが、寒くて不便だったと思います。
このさき1週間でも停電の時間帯が分かれば予約も決めやすいのですが、当日停電時間帯にあたってしまった患者さまには、その都度時間変更のご連絡をしていくしかありません。
実際に停電になってからでないと気づかないことがたくさんありました。
平穏無事でいられた日常への感謝が、今まで足りなかったと反省しています。
2011年3月16日
めまい・ふらつき

ポトス.jpg

Hさん(50代・女性)は当初、ひどい首・肩のコリで来られていました。朝は肩甲骨周辺の痛みが辛くて目が覚めてしまうほどです。施術ベッドにうつ伏せになってもらうと背中の硬さは鉄板が入っているようでした。
市の障害福祉課でお仕事をされているのですが、資料をまとめたり外出が多くなると肩こりのほかにも、めまいやふらつきも多くなりだしました。
初回、R3・R2ブロックが効果を発揮し
「次の日は背中の痛みが取れて、痛くて起こされることはなくなりました。今まで痛かったのに、あんなにすぐに取れるんですね」
とのこと。
そうなると次はめまいやふらつきが気になってきます。
曇りの日や食後にふらつくことが多く、座っていても立っていても後ろに引っ張られるようにめまいがするそうです。
ストレスやメンタル的な症状に適した隔膜解放テクニックを行うことにしました。ブロック後にはリフトテクニック。
次の予約日、これらの施術効果を伺ってみると
「めまいもだいぶ少なくなってきました。」
嬉しいことに1回で改善が見られました。今回も引き続き行ってみると症状はますます良くなっているようです。
肩周りの痛みもめまいもこんなにすぐに効果が出てくれて、なにか不思議なパワーを感じます。
Hさんのみならず他の患者さまでも、今回のテクニックは頭痛が改善されたりと良い知らせを聞かせていただき嬉しく思います。
自律神経系・メンタル系の症状は比較的難しいので、気を抜かず頑張っていこうと思います。
2011年3月10日

ページの上部へ